秋晴れが続いていますね。
京都は桜の名所もたくさんありますが
私は紅葉のシーズンが大好きです。

大学時代に見た嵐山の紅葉が忘れられません。

夕暮れ時で、空には夕焼けが、山には真っ赤な
紅葉が、そして桂川には空と山の赤が混ざった
なんともいえない赤色が写っていました。

ニュースを見ていますと、今年の紅葉は色付きが
良いようですね。

京都のシーズンは11月の末です。
私がサブトレーナーをする、
「親力向上セミナー」が11月24日と30日です。
(案内はこのHPにもでています)
ドンピシャのタイミングですね。
3時半のセミナー終了後、嵐山に向かっていただけると
私が見たあの光景に出会えるかもしれません。

セミナー参加&京都の紅葉狩りで最高に有意義な
一日をお過ごしいただければと思います。


かぽね日記 | コメント(0)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

超介です。
 中国地方の幼稚園で開かれたセミナーに参加してきました。

足袋師さんがトレーナー、お手伝いをさせていただきました。

 訪れると、園児の皆さんが挨拶を次々としてくれます。
先生も、園長先生も若い、そしてニコニコと迎えてくれます。

 セミナーに参加されたお父さん、お母さん、先生、関係者の皆さんは、大切な子供たちのための集まり、という気持ちからでしょうか、最初から会にコミットされていました。
あっという間の2時間。

 秋晴れの日曜日、整理が行き届いた、きれいな建物の中で、園児達が学んでいる。
同時にその横のホールでお母さん、お父さん、先生達も学んでいる。
 その光景は暖かく、そして豊でした。

 帰路、松山に向かうJR特急の車窓には、海上に真円の赤い太陽が浮かんでいました。
 それを見つつ、セミナーを思い出しながら(いい温泉につかってきたような感じ)を味わいました。

 園児の皆さん、お母さん、お父さん、園長先生、先生たち、ありがとうございました。

 またお会いできたらうれしいです!
 


超介(長介)日記 | コメント(2)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月18日
受験生の母のために。

kuroです。

 中学受験では、「あと100日」あたりで保護者のイライラは頂点に達するような気がします。

 「あと半年」ではわが子も受験生としての意識は低く、保護者もなかなか燃えてこないという感じですか。これが「あと一ヶ月」しかない直前期に入ると、もうじたばたしても仕方がないと達観するのかやや落ち着きを取り戻してきます。

 ここからやり抜けばまだなんとかなるという思いが強く出てくる「あと100日」あたりは、もしかしたら保護者にとって一番キツい時期なのかもしれないなぁと思っています。


 ある小6受験生のお母様からご相談電話をもらいました。

 「ウチの子は本当にやる気がないっ! 学校から帰ってきてもすぐ勉強に取りかかろうとしないでゴロゴロ、ダラダラ。やっとこさ勉強を始めたと思ったらすぐ休憩で、『おかあさん、あのね・』と話したがる。夕食を済ませ、お風呂に入って、学校の宿題を終えて、やっと受験勉強の再開。でもあっという間に寝る時間。こんなんじゃ受からないと私は心配してるのに、本人はいたって平気。あの子に私の気持ちは伝わらない。どうしたら分かってくれるのかしら?」

 皆さんならこのお母さんとどう向き合いますか?


あんみつ日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月18日
目の高さ

「目の高さをクライアントに合わせる」・・・ペーシングの1つ。

昨日は東京で、今日は丹後でしゃべった。

人数はどちらも140名ほど。

ちがったのは僕の立ち位置。昨日はフラット、今日は高さ約1mのステージ上。

完全に「見下ろす」位置に立ち、昨日と全然違う自分が現れる。極めて「ティーチャー」だ。

聴いて笑って泣いて・・・大変熱心にご参加いただいた丹後のお客様方。
僕自身がフラットな位置から「コーチ」として語りかければもっと何かを引き出せたかもしれない。
また機会をいただけるなら、今度はステージを降りて向き合ってみたい。


たびし日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月15日
とうとう・・・

今日、31歳になりました。

お祝いする年でもありませんが、

これはいくつになってもうれしい!






あるく日記 | コメント(4)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月15日
お受験前のお母様へ

はじめまして☆
新人コーチの辛子です。

幼児教育(成基親子プラザTAM)と
低学年教育(成基スーパージュニア)を
担当しています。
仕事・プライベートの体験エピソードを
ブログで紹介していきます。
よろしくお付き合いください。

10月13日(祝)
小学校受験前の行動観察対策講座で
入試直前、お受験を目前に控えた
お母様方対象に30分間
講座説明と直前の留意点について
お話をしてきました。

さすがに入試直前で
硬い表情のお母様が多く
緊張した雰囲気の中スタートした保護者教室。

話が進むにつれて序々に表情も和らぎはじめ
講座終了後の1対1のフィードバックでは
笑顔と安堵した表情を見せてくださったお母様

お子さんを信頼して尊重して
愛情一杯に入試当日を笑顔で
送り出していただきたい
教育コーチとしてそんなメッセージを込めて
お母様と関わり
心温まる体験をさせていただきました。

1児の母として、私辛子も
個性豊かな人格を持った我が子の子育てに奮闘し

お受験というハードルを無事超えさせたいという
お母様の気持ちがわかるからこそ

その思いを真剣に受け止め、
お子さんを信じて欲しいと
心から伝えることを選択していました・・・

皆様の合格を心よりお祈り申し上げます。







辛子(からこ)日記 | コメント(0)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

たびです。
10月12・14日、人生航海図in琵琶湖、やってきました。

いやぁ・・・・・・・。
参加の皆さんの人としての本当の底力を見て、聞いて、感じました。皆さんの「よりよく生きるんだ!」という意志とそのための力をビシバシ、痛いほどに感じました。人って本当にステキな生き物です。

キムキム、まっちゃん、けいじ、大ちゃん、モッティ、みづき、いけちゃん、エジソン、たかき、アッシュ、千鶴、姫、お姉、だいち、みねG、なみぞう、楽鬼・・・最高にHOTで、最高に可能性溢れるメンバーに出会えて、僕は幸せです!ありがとう!

佐々木日青協会長の訪問というサプライズもあり、濃い濃い三日間でした。僕の人生においても大きな三日間になりました。

明日からまた、僕も楽鬼も全国行脚・・・。みんなの笑顔を胸に、パワフルに駆け抜けます!


たびし日記 | コメント(3)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月14日
読書の秋2

 超介です。
 その後、「潜水服は蝶の夢を見る」を読みました。ネットで検索してみると映画化されている(世界中でヒットした)ことを知り、そういえば何かで聞いたか、見たことがあるなぁ、と。すんでいる地方の書店にてPCで検索してみつけました。

 ロックトイン状態(身動きできない肉体、左目だけは動かすことが出来る、脳は思考できる)で介護者に受話器をあててもらい、通話する部分があります。

 まず子供が向こうにいて、父(主人公)に話しかける、そして次に妻が彼に話しかけます。しかし、妻ははじめから話しかけようとはしません。
 
その箇所、

 「愛しいフローランスは、僕が先に送話器に向かって音を立てて息をしないことには話し出そうとはしない。
 それからやっと、か細い震えるような声が伝わってくるのだ。
  ―いるのね。あなた、そこに?・
 その瞬間、僕にはもうそれが、わからなくなる。僕にはもう何もわからなくなる。」

 脳だけが生きている状態、自身からの意図発信は左目のまぶたの開閉のみ、という孤独。ただ世界を認識している状態。その世界からの「承認」を受ける。そのときの主人公の心の動きをリアルに感じます。

 ロックトイン状態でなくとも、普段の日常の中でも僕たちは時々、必然的に「鎧」をかぶり、或いはかぶっていることを忘れて生きていることがあるのでは。
 
 そんなときに、どこからか、それは人の言葉だけではありません、音楽、美術、或いは自然との出会いのこともあるのでしょう。様々ですが、何かと出会います。

 そして、何ものかにより、僕たちの内側の「心」が「承認」されることがあり、感動します。(僕が泣くのはそういう時)
 

 僕たちの活動もそうですね。




超介(長介)日記 | コメント(2)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月13日
甲斐駒と満月です。

○そらです。

○3連休も終わります。
 みなさん、しっかり休めましたか。
 さあ、あしたからまた頑張りましょう。

○信州・伊那谷にのぼる満月です。
 やまなみは、南アルプスです。
 一番高い尖った山が、甲斐駒ヶ岳です。
null



そら日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ

2008年10月13日
子どもの心

「はじめまして」のブログ登場、いっすぅぃ・です。
三重県で高校教諭をしています。よろしくお願いしま・す。
私には子どもが2人いまして、毎晩、寝るときに絵本の読み聞かせをしています。ま、早く帰っていて出来るときは、ですが。

息子の大好きな絵本の1つに『おこだでませんように』(小学館)というものがあります。
「パパ・ママコーチ」のトレーナー資格試験を受験する友人に、ちょっと読んでみようって持って行ったこともあります。ココんとこに、ずど・んと来るんです。
絵本だからって馬鹿にしちゃあいけません。ほんまにウルウルやられまっせ。

小学館の紹介では・
怒られてばかりいる子の心の中を描いた絵本
「ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも…。休み時間に、友だちがなかまはずれにするからなぐったら、先生にしかられた」いつも誤解されて損ばかりしている少年が、七夕さまの短冊に書いた願いごとは…? ・
とあります。

教育コーチングをご存じの方には、より深・いところでボンと爆発しますよ。きっと。
『4つのトライアングル』の信念のトライアングル:「人は成長する生き物だ」&「人はそれぞれ」&「人は心の中に答えを持っている」、よりパワフルな確信になりまっせ。
『4つのトライアングル』のあり方のトライアングル:「愛情」&「信頼」&「尊重」、これがよりグレートになりまっせ。


いっすぅぃ・日記 | コメント(0)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 263, 264, 265, 266 次へ