埼玉の教育コーチ、Gao!です。

一週間前の6月10日(土) さいたま市市民会館うらわ 集会室において、
人が育つコミュニケーション「教育コーチング」体験セミナー in 浦和を開催しました。

今回は、5名の受講者、そして中級コーチと準上級コーチがお手伝いに来てくれました。

ぎょうざじゃんけんに始まり、受講者同士でお話をしたり、ワークをする時間を多くとりました。

皆さん、積極的に参加してくださり、活気のある2時間となりました。

セミナーをしながら、カウンセリングとの違いにも話が及びましたが、コーチングとは、

相手がどこに進んでいきたいのか、それを引き出すことなのだということを改めて感じました。

自分がどこに進んでいきたいのか、それを明確に意識している場合もあるし、何となく進んでいる場合もある。

また意識の上では、Aに行きたいと思っているけれども、無意識の自分はBに行きたいと思っているかもしれない。

本当は、どうしたいのか?を問いかけるのも、コーチの役割だと思います。

そしてあのゴールに行きたいと思っていても、それを邪魔するものがある。

本人が、邪魔するものの存在に気づき、取り除くサポートをするのも、コーチの役割です。



コーチングをする時には、「判断」を手放して、フラットな状態で聴くことが重要です。

私たちは知らず知らず「できるかできないか」「自分に関係あるかないか」

「好きか嫌いか」「正しいか間違っているか」を考えながら、話を聴いています。

そんな判断が起こった時には、判断に気づき、それを脇に置いて、ただただ相手の話を

受け取ることに集中します。


自分がどんなフィルターをとおして、物事を見ているか、普段から観察してみることも面白いです。

何をプラスとして見ているか、マイナスとして見ているかは、人それぞれです。

体験セミナーの受講者で、小学校の英語の先生をされている女性の言葉が衝撃的でした。

   私は娘に、「世界中の人が絶対ダメだということ〜例えば、人を殺すとか〜以外は、
  何がいいのか、国や時代によって違うのだから、絶対にダメって言うことはないんだよ。
  学校も行きたくなかったら、行かなくてもいいんだよ。勉強することは必要だけどね。」と話しています。


これくらい、広い気持ちでいたら、人と人がぶつかることもなく、ひとりひとりが創造的な意見を出していけることでしょう。

彼女(受講者)は、日本の学校が「苦手」で、アメリカの大学に進まれ、そこで

アクティブラーニング型授業を受けられたそうです。

「日本の教育は30年遅れている」と昔から言われるけれど、本当にそうだと語っていました。


体験セミナーでは、アクティブラーニングにも話が及びました。

これから、勤務先の学校に取り入れようと学び始めた方、アメリカの大学でALによる授業を受けられた方、

そしてすでにALを深く学び、ALの研修を実践されている方がいらっしゃいました。


日本青少年育成協会では、「教育コーチングをベースとしたAL実践講座」を開講しています。

授業者としてのあり方や姿勢、引き出すコミュニケーションを大切にしながら、ALの様々な手法を学び、

最終日にはひとりひとり模擬授業を行って、フィードバックし合います。

私も昨年秋に参加しました。

そこで感じたのは、先生たちが「教えたい」「教えなければ」を手放す大切さです。

先生としての責任感やビリーフから、教えることを手放せなかったり、また教える快感も、

やめられない原因のひとつかなと感じました。

「教えなければ」「させなければ」を持っているうちは、主体的な学びの実現は難しいことでしょう。

ALをこれから実践しようとされている方、実践されている方には、ぜひそのベースとして

教育コーチングの考え方を知っていただきたいなと思います。

「教育コーチングをベースとしたアクティブラーニング実践講座」については、こちらをご覧下さい↓

http://www.jyda.jp/coaching/course/a-learning/al-practice/

今後の体験セミナーについては、こちらをご覧下さい↓
http://www.jyda.jp/coaching/course/c_coaching/ex_seminar/

埼玉では7月12日に東浦和で開催します。



Gao日記 | コメント(2)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年06月16日
お風呂の時間

皆さま、こんにちは。 二児の父、教育コーチのいっすぅぃ〜です。

父として、楽しみの時間が「お風呂の時間」:heart:
お風呂ではゆっくりと語り合う時間を取ることができます。ですが、この春から少しずつ風景が異なってきました。

まず、長女。この春から小学校6年生。
3月末あたりだったでしょうか、彼女が宣言したのです。 「4月からお風呂は1人で入る!」
力強かった(笑)
それまでは、祖父か私と入ることが多かったのです。それまでのように「一緒に入る!?」と誘うと、「4月から1人で入るって言ったでしょ!」と強い語気。 宣言どおり、4月からは1人で入る、あるいは祖母か母と。 段々と女になっていくだな:wink:

3日前のことでした。
長男と一緒に入っていると、「髭剃り貸してぇ」と。「何するの?」と聞くと「髭を剃る」と。 当たり前ですが…。
長男は中3。 おぉ、もぅ髭を剃るようになったんだな8-)

なんだか、少しずつ、大人になっているようです。

Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。


いっすぅぃ・日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年06月08日
どう観るか

教育コーチの なおです

平日夜の図書館での光景
高校生率が高い自習室

数学やってる子
スマホで何かしてる子
英語やってる子
友達と小声で遊びの予定を確認してる子
何かの資格用の勉強してる人
iーpadでご贔屓の役者さんのブログ読んでる人(私:oops:

そんな中に小学生が1人
20時過ぎにこの図書館で小学生の自習を見るのは初
何してるかな〜って
ぼんやり見てたら
時折、両手を膝の方に持っていく
:?: :?: :?:
8-|腿の間にゲーム機を置いて、何かしている8-|

この子、コソコソとゲームすることが癖になってるのかな?
って悲しくなりましたが

待てよ
「自習室という場所柄ゲームはそぐわないと判断し
コッソリとやっている
配慮がある子」

そう観てみると
「悲しい子」ではなくなって
なんだか可愛らし子にみえてきました :heart:





なお日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年06月01日
本を読むこと

超介です。

書棚を置くスペースが十分確保できたので、これまでに読んできた本も、読んでいない本も書棚に並べられます。これからは購入しても当分は処分したり、見えないところに保管する必要がなくなりました。幸せな気分です。

いろいろんジャンルの本を読んできたな、という思いがあります。同時に、手にとってページを繰ると、当時は感じたり、理解していなかったことがたくさん出てきて、なんだ、読めていなかったじゃないか、など思うのです。

サーと一通りに読んだ本が多いのですが、背表紙を見るとその内容の残骸が浮かび上がります。読書していた当時は、その時の問題意識があったからその本を読んだのですが、その後関係する範疇の体験が増えたので、新たなことが見えてくるのだと思えます。過去が新しい意味を帯びて蘇ってきて、ついつい読み耽ります。

現在自分が取り組んでいる事項についても、本にあたって振り返りをすると、うまく進んでいない事項の答えを見つけたりします。一冊の本だけでなく、様々な本にあたると時に、どんぴしゃりの答えを得ます。こんな時は、本当に嬉しいのです。




超介(長介)日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

 三重県在住の教育コーチ、いっすぅぃ〜です。先週の木曜日、われらがメンター鈴木建生先生とザ・コーチみねGの3人でサクッと飲みに行きました。

 実は、みねGや私が鈴木先生のことをメンターと呼ぶには因縁があります8-) もともと鈴木先生が「教育コーチング」を三重県の教育へとご尽力いただき、その機会が基になり、こうやって教育コーチになっているのです。
 
 その後、そのとき集まった仲間で創ったのが『みえコミュニケーション教育実践会(みえコミ)』:heart:  
その学びの輪は、教育コーチングはもちろんのこと、「ソルーション・フォーカスト・アプローチ(解決志向短期療法)」「保育園交流学習」「プレイバック・シアター」「アクション・ラーニング」「全脳思考」「アドラー心理学」「TRUE COLORS」と多岐に渡りました。 スキーに行ったり、駅伝をしたりもしました:mrgreen:

 当然、そんな“同志”として共有する核を持っているからこその場になります。 そんな3人での会話を客観的に見ると、なんだか凄いことになっていて、これまでの長く共有した時のあり難さを感じ、出会いに感謝し、ほくそ笑んでいる私がいました:**:

 さて、みえコミの組織そのものは昨年で解体をしました。残念ながら:cry: 
でも、またどこかで集まる時が来るだろうと考え、また、三重県に「教育コーチング」を根付かせることを目論み、まだまだ学習会を続けています。 月1回の『四日市コーチング学習会』:!!: 
ずっと、ずっと、紡いで行きたい、私はそんなふうに考えています。
 これは、もともとみねGが始めたもの。 それを私が引き継ぎ、主催しています。 
そしてその学習会が100回を迎えます。 6月20日の火曜日18時30分-。

 ぜひ、心だけでもご参加ください:wink:

 Honesty is my Policy! いっすぅぃ〜でした。


いっすぅぃ・日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年05月10日
変更の視点

皆さま、こんにちは。 半分大学院生、教育コーチのいっすぅぃ〜です。

 なぜ、「半分大学院生」か:roll:

 今年度は、週の半分(2.5日)は勤務校にて授業・勤務、週の半分は大学院にて学びと研究の日々を送るからです。

そんな、新生活に入って、1ヶ月が経ちました。 このゴールデンウィーク(NHKが言うところの大型連休)が終わって、新生活のリズムを少し離れての日々があったお陰か、自分の立ち位置が少ししっくりきているような次第です。 皆さまは、いかがお過ごしですか:heart:

 さて、世の中もちょっとずつ、新年度ということで変わってきているようです。

4月頭に、バスの時刻表が変わっていることに気づきました。
 変更の視点に、電光掲示板、分かりやすく、というだけでなく、「多くの人に」が入っているようです。
 ひらがな、英語、漢字、ハングル文字。
 
 
昨年だったか、近鉄特急では、日本語と英語だけでなく、中国語と韓国語の放送も入っていることに気づいたことを思い出しました。

そして、今日。 近鉄急行が、日本語だけでなく英語でも:-o 近いうちに、中国語と韓国語での放送も入るのかなぁ:!!:

 様々な人が様々な人のことを思って、変えていくんだなぁ〜、とちょっと幸せになったのでした:**:

皆さまも、幸せな日々をお過ごしください:heart:

Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。


いっすぅぃ・日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年05月06日
命名

超介です。

石や植物、虫の名前を調べるのが好きです。その名前の由来が面白いからです。最近、近所の野で観察していて、スズメが冒頭にある「スズメノエンドウ」「スズメノテッポウ」「スズメノヤリ」を見ました。大きさやら、形からなずけられていて、納得させられます。

石やら植物、虫以上にとても興味深いし、もちろん比較にはなりませんが、とても大切なのは人の命名です。世に生まれてきた命に名をつける時に、その命にどのように生きて欲しいか、その祈りからくる行為だからです。私も二人の子が生まれてきた時、それぞれに想いを込めて命名しました。

その想い通りにその人が生きるかどうかは構わないのです。ただ想いを込めるという、その命名する行為が人が生きていく上で最も基本的な生き方に通じるから、とても大切なのです。心の中で、こうあって欲しい、あるいはこうありたいという願いを持つことができるのは誰もが有する、基本的な、そして自由で豊かな行為だからです。

命名はそれが最も端的に行われる行為です。


超介(長介)日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

埼玉の教育コーチ Gao!です。

埼玉は、ハナミズキが見頃を迎えています。

暑くもなく、寒くもなく、気候のいい季節です。

先週の木曜日と土曜日、埼玉県川口市にて、体験セミナーを開催しました。

塾の先生や小学生のお母さん、サポート校の職員の方が参加してくださいました。

体験セミナーでは、教育コーチングの目的や基本的な考え方、基本スキルのうちの傾聴と質問、これからの教育について、

体験的に学んでいただきます。

参加者の顔ぶれや、参加する方の興味や目的によって、1回1回が違ったものになり、あっという間に2時間が過ぎていきます。

教育コーチングとは何か? 〜知っていただき、興味を持っていただくことが一番の目的ですが、「抱えているものを手放して帰っていただきたい」「何かしら気づきを持って帰っていただきたい」「いい話を聴いたで終わらせずに、お子さんや生徒さんとのコミュニケーションに違いを創っていただきたい」「人生支援のお手伝いがしたい」「笑顔で帰っていただきたい」・・そんな思いを持って、開催しています。

今回、興味深かったのは、すでにWeb講座で入門講座と初級知識編まで学ばれている方が、2時間かけて足を運んでくださったことです。
Web講座では、内容の意図がつかめなかったのが、実際に体験してみて、生きた知識になったと感じてくださったようです。

Web講座受講中の方は、安心サポートがついていて、メールや電話で質問することもできます。

それを利用していただくことももちろんですし、今回のように、実際に体験セミナーで体験していただくのもok:!!:です。

今回、教育コーチング地域ステーション E-sta 東川口の登録をしました。

全国各地にE-staがあり、教育コーチングの実践・普及をしているトレーナーがいます。

身近な窓口として、これから教育コーチングを学ぼうとされる皆さんのお役に立てたら、嬉しいです。

全国の教育コーチング地域ステーションこちらから、チェックしてみてください:heart:

http://www.jyda.jp/coaching/network/station/



Gao日記 | コメント(2)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

2017年04月22日
習慣つくり(その2)

超介です。

 外圧をつかって、例えばだれかに「勉強させられる」ことから習慣を作る道は、どこかで「自主的に学ぶ」に移行していかないと「抜け道」を探しがちになります。

 本来やりたいこととして求められていればその傾向は小さくなるし、ちょっと寄り道しても戻りやすくなるのです。

 宿題をする際、答えを写しその場をやり過ごす。英単語、漢字の練習を文字の練習的にやる、など「抜け道」はそこいらじゅうに見つけることができます。私も時に無意識にそれをやっていてはっと気が付くことがあります。

 いわれたことをただやる、という習慣だけが身についてしまうと思わぬ失敗を起こすことがあるのです。ただやると同時に、あるいは後からでも行動の意味を確認しておかないと思わぬ陥穽に落ち込むことがあります。

 学習面においてもよくおこることです。実力の伸長が努力と伴わないことの原因の一つになることがあります。

 そして、仕事をする社会人の中にもそのことから派生する不祥事を起こす人のなんと多いことか。社会で起こる事件には、その逃げ道(→いいわけ)がいっぱいあふれているように思えるのです。



超介(長介)日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ

超介です。

 良い習慣つくりは幸せな人生を産みだすための一つの、しかし確実な方法であると思います。習慣が身につくとまさに人生が変わります。

 塾を運営する際に、塾生たちが良い習慣を身に着けることができるようにと願っています。この習慣つくりのためには2つのアプローチが考えられます。それは外圧を利用する方法と自らの力でそれを獲得する方法です。

 しかしながら、外圧を使う方法、例えば「勉強をさせる」にしても、それはどこかの段階で「自らの課題として取り組む」というようにシフトしていかないと習慣化はできません。習慣化ができないまま、外圧を使って課題に取り組んでいるとき、その効果は限定的です。

 どちらの方法でも結果として習慣化ができればよいのですが、それは個人により、さらに何を習慣化するかにより異なってきます。

 私は、塾生たちがどこかで自分の課題として学習やら受験に取り組み、その時に塾の場を外圧的に意識して使ってもらえるように心がけています。コーチングはそのためにとても有効です。そのように取り組めるようになった塾生たちは確実に実力を蓄えていきます。彼らの行動、態度を見ているとそのさまがよくわかります。



超介(長介)日記 | コメント(1)前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 265, 266, 267, 268 次へ