思い込みのあやうさ(その3)

4A22C95F-CF44-4F11-80FC-6CFD13E3E40E超介です。

自分には数学ができない、と思い込んでいる人がいたとします。塾を運営しているとよく出会います。

その思い込みはなかなかはずしがたいです。チャンスは自分にできることを取り扱うことから生まれます。その目的は自信をつけてもらうことです。できない重力圏から、自由な宇宙空間へ飛び出す時に必要な最低限のエネルギーを蓄えてもらうことです。

そのために私がコーチとしてやっていることは、環境の整備と提案です。やってはいけなくて、かつできることは、やはり、このひとはできないんだ、という思い込みです。これを脇においておくことです。さらに、提案をしてそれを受け入れてくれなかった場合に、それを私が承認できること、そのような提案しかしないことです。

この間の事情は結構複雑です。かつ心の中で行ったり来たりがあります。こうしようか、ああしようか、とかその提案がどこからきているのか考えたり、迷ったり。

極端な場合、表向きは提案を装っていても、実はじぶんの思い込みを確認するために提案して、やっぱりできないね、という確認を得るための行動ではないか、とか。

スマートではありません。結構ドロドロやってます。

 

“思い込みのあやうさ(その3)” への1件のフィードバック

  1. キヨシです。

    相手にもそうですが、自分にもこれはできないとか
    あきらめていることがあるように思います。

    他の人には、大丈夫って声をかけているのに。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です