気づきから自己探求

修業僧です。

テストの諸注意について

机の中に物をいれないで取り組む

最後まで寝ないで取り組む

キョロキョロ周りを見ずに取り組む

過去の私が子どもに提示していた言い方の一部です。

 

そもそも禁止事項を書くということは,過去の私の中に子どもができないという無意識の怖れや不信があったのかもしれません。

机には筆記用具をだけをおきましょう

最後までチャレンジを続けましょう

意識と視線は常に自分の問題と解答に向け続けましょう

と言葉にするほうが本当に伝えたい思いを届けることができる可能が広がりそうです。

 

私はいま,子どもは大丈夫と信頼するあり方を大切にしています。

いわれなくても本来ちゃんとできるという信頼から子どもに問いかけをします。

試験準備完了ってどんな状態?

本当の実力を出し切れた自分は50分間何をしてきたんだろう?

 

子どもの力は無限大です。自分たちでこうなりたいと答えを見つけて

言われなくても自分の理想に近づこうとします。その時はたとえできな

かったとしても子どもはちゃんと理想に近づきたいという思いを秘めています。

そう信じて関わった方が毎日お互いが生き生きとして楽しいかなと私は思うのです。

 

教育コーチとして自立を支援することは,日々自己を探求することなようです。

今日の気づきとの出会いに感謝します。

“気づきから自己探求” への2件のフィードバック

  1. キヨシです。

    「やってはいけない」ことを伝えるのではなく、
    「どのようにしたいか」を確認すること。

    同じ結果でも行動や意識が変わります。

    1. 不思議なことに禁止に焦点が向いてしまう
      のは何があるのか気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です