チャレンジの夜

教育コーチのあるくです。

愛息ろくたろう2歳。

おむつにお世話になっております。

先日、寝る前に、

「今日はパンツはいて寝る」

と譲らない。

≪いやいや、起きてるときならまだしも、

寝たら絶対おしっこでるやろ〜:wink:

と私の心の声。

しばらくは、

「夜はおむつにしとこうよ:chin:

となだめてみる。

しかし、ガンとして譲らない。

なんでかな〜などど思いながら、

ろくたろうの顔をよーく見てみると、

なぜだか自信に満ち溢れている(!)

≪こ、こやつ、やる気満々だ・・・。

これぞ根拠のない自信・・・!

なぜ、そんなにかっこいい顔をしてパンツに挑むのか?!≫

≪よし、かあちゃん、そのやる気にこたえてやろう!≫

って思えたので、寝床の準備を整えて、

ろくたろうのチャレンジに付き合ってみることにしました。

次の日どんな朝を迎えたかは・・・:mrgreen:

私もチャレンジしたり、チャレンジしなかったりして、

生きてます。

「どうせできっこない」

「私にはまだ早い」

「失敗したら恥ずかしいぞ〜」

なんてささやきが聞こえて、

自分で成長を阻むことも多々あり。

「大丈夫、あるくならできるよ」

「失敗するとはかぎらない。やってごらん」

「どんな結果が出たとしても、あるくのこと大好きだよ」

というささやきが聞こえたら、どうだろう。

ハッピーだよな〜:**:

やる気は与えらるものではなくて、

自分のなかに芽生えるもの。

芽生えの瞬間を大切に生きたいな〜:heart:

20151118-1118.JPG

“チャレンジの夜” への2件のフィードバック

  1. ろくちゃん、かっこいい!
    そして、そんなろくちゃんを認め、見守るあるくママも、かっこいい!
    私も、チャレンジを見守る人でありたいな〜

  2. キヨシです。
    そうだよね。大人が気づかすのではなく、
    子どもが経験して気づいていくんだよね。
    本当にこのことは大事です。
    これからいろんなチャレンジがありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です