2017年01月11日
2本、どうだ!

 皆さま、おはようございます。 授業のことで頭がいっぱいになる、教育コーチのいっすぅぃ〜です。

新年から、皆さまの思考を進めるであろう動画を2本、ご紹介します。

 1つ目は、もう既にご存知かもしれませんが、『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『シッコ』など、アメリカの社会的問題を斬り続ける、マイケル・ムーア氏が監督した『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』というなんともおっかないタイトルのドキュメンタリー映画からの映像です。 映画は2015年にアメリカで公開されています。

「フィンランドの教育」
アメリカの教育、それに追随している日本の教育にとって学ぶことが。

 2つ目は、アクティブラーニング型の授業をする我々に、大いに参考になるものです。 ある研修会で、友人の先生が「私にとっての【アクティブラーニング型授業】はこれです」と紹介されていたものです。
その方や私は英語の教員ですので、「英語の使い手となる」というのは大きな目標となります。 まさに、これはその点を突いたものです。

「へんしんバイク」

 ではでは、今年も大いに学びあっていきましょう:heart:

 Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。


アクティブラーニング | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


あけましておめでとうございます。



2016年いろいろなことがありました。


さて、2017年。




初詣にあわせて娘たちと従妹は、着物を着てみました。

晴れやかな、元日。:**:


そして、今年も様々な成長を。:heart::heart::heart:


おしょう日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2017年01月09日
大人の学び

超介です。

 振り返ってみて理解できたことです。

 英語を学ぶ動機は英語で書かれた本を読みたかったからでした。自己啓発書を英文、そのままのニュアンスで理解したかったので、数年前に勉強を始めました。それがモチベーションでした。もちろん今もその気持ちはあります。

 音読をしたり、英単語を覚えたり、基本文を暗唱したりすることを始めました。そういった学習を続けていると、時にはモチベーションが下がって、いわゆる「やる気がなくなる」時があります。学習が進んでいる実感が持てない、TOEICの点数が期待程でなかったとか、理由は様々です。

 でも、そんなときでも学習を続けることはできました。それは目標を「学習を続けること」に切り替えたからです。継続できるように、工夫をしました。何を、いつ、どこで、どんなやり方で行うかを考えました。学習を継続するための障害となる障壁を低くしました。もちろんそうすれば、継続は効果を産み出し、それは動機に変化します。

 例えば、当日の学習箇所に戸惑うことがないように、教材のページをすぐ開けられるようにインデックスを貼る、そして予定箇所を決めて置きノルマ化する、雑念が浮かびにくいように枕元に教材をおいて朝目覚めるとすぐ教材を手に取って始める、英単語はノリ付き付箋を利用し、毎日20個単位4〜6シート分チェックし、10回合格すれば、次の付箋やらシートに進む、自己承認のために記録をするとか。さらに学習の方法を本で調べ、使えそうなことを取り入れました。

 このことは、毎日のクラッシックギターの練習にも応用できました。「やる気がないことは勉強ができない理由にはならないこと」を学ぶことができたのです。「学習を続けること」を目標化し、それを工夫し具体化することは、大人の学びだと思います。




超介(長介)日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2017年01月09日
ガッツの幸せ日記臭

教育コーチのガッツです

■今年も明るく・元気に・前向きに! スタートです。:**:

:star1.0:元旦は正月特訓・・・
 今年は天気もよかったですね。暖かくてね。
 初日の出は間に合いませんでした:[]
 
 10時から17時までぶっ通しで授業して、
 そのあとワインとビールを買って家族の笑顔を肴にほっこりしました。
 母親は元旦から:evil: でしたがね。=:[

:star1.0:2日は午前中は恒例のびわこ健康マラソン
  次男(中2)と長女(小3)が出場しました。
  来年こそ父も出場したいですね。  

 午後は、父のみ京都駅からJR山陰線で帰省。
 豊岡駅から全但バスで30分、16時にはふる里出石に到着。
 バスの乗客は私だけ、ローカル路線の雰囲気満載でした。
 そして出石は観光客がまだたくさんいました。ただ大半が中国人でしたよ。

 夜は母親の手料理を食べながら、両親とじっくり話しました。
 もう何回話ができるかわからないので、父母の初恋のことや人生の重大ニュース等を
 酔いに任せて詰問してしまいました。まっいいか。:mrgreen:

:star1.0:3日は午前中に墓参りをして、満員電車で2時間半揺られて大津に戻りました。
:star0.5:4日から出勤です。


■追伸

全国のみなさ〜ん:chin:
  今年も「教育コーチング日記」を  何卒!何卒!よろしくお願いします!







ガッツ日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2017年01月08日
禁止の連続

教育コーチの なお です

先日、日帰り温泉に行ってきました

小学校低学年の子どもを連れたお母さん

服を脱ぎながら
「走らないよ」
お風呂場でいきなり(子どもは、まだ走っていません)
「走るな!」
湯船でいきなり(子どもは、まだ泳いでいません)
「泳いぐな!」

その大きな声の方が迷惑なのですが…


大正生まれの母がお世話になっている施設では
職員さんが利用者さんに
「そこ持たないで」

否定語の連続を聞いていると
こちらまで元気がなくなります



でもでも、自分自身に対してはどうかな?

「食べ過ぎない」
「悪い姿勢にならない」
「仕事は雑にしない」
「慌てない」
「物事は後回しにしない」あれぇ〜
自分に否定語で語りかけている事多いなぁ〜〜

あっちゃ〜:ase: でした

今年の目標
もう一度見直そう〜〜っと:heart:





なお日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2017年01月03日
2017年の干支

 超介です。

 年の初めに干支を調べ、その年を生きるうえでの参考にしています。参考図書は「干支の活学」(プレジデント社 安岡正篤著)です。

 2017年の干支は「丁酉(ていゆう):ひのととり」です。「干支の活学」によれば、十干の丁の文字は

 「丁」の上の一は、丙の上の一の続きとみてよい。つまり従来の代表的な動き、主流のなお持続を表すが、下のJ(活字が探せないのでアルファベットで代用しています)はこれにたいする新しい、あるいは反対の動き、対抗勢力の衝突を表す。説文学からいうと、また「丁」
の下のJは幹を表し、上の一字は木の上部、したがってその枝葉の茂りを表すわけである。(P66)

 さらに十二支の「酉」については

 これは、元来酒を醸造する時の器の象形文字で、発酵を表している。したがって成る・熟する・飽く等の意となり、時刻では午後五時から七時、季節では仲秋、方位では西方を表す。干は幹、支は枝であり、干を代表とし、支はこれを支えまた分かれる作用を示すものであるから、(P101)

 とあります。

 これを、私の今年の意味に置き換えていくと、2014年に離職、そしてUターンして丹波に戻りました。人生の物語の筋を大きく変えたのです。その流れはこのまま続けます。ですが、外見はともかく、心の内を見てみれば、良い意味でも悪い意味でも「発酵」しているものがあるように思います。それに気づいてどう向き合うか、そのような示唆を受け取りました。



超介(長介)日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

 皆さま、おはようございます。 新年、明けましておめでとうごいます。
中2の息子と小5の娘を持つパパ、教育コーチのいっすぅぃ〜です。
どうぞ、本年もよろしくお願いします。

 昨年は、あれも発信したい/これも発信したい、と思いながら、このブログで発信するに至らないことが多々ありました。今年は、もっと頻繁にこの場に登場してしたいと思っています。

 さて、新年早々、<親バカ>を一発8-)

 昨年末12月27日(火)に、幼稚園の先生方を対象にセミナーをする機会をいただきました。 で、その際に、『おこだでませんように』という絵本をご存知ですか?というお話しをしたのです。 その絵本は、怒られてばっかりいる小学校1年生の男の子のお話しです。 「承認」の意味や「愛情/信頼/尊重」のあり方に触れるとてもいい絵本です。
 そんな話しをしている私が、実は、我が家の娘のこのような行動を知らなかったのです。

 我が家には、子達の作品や学校からの案内が、いろんなところに掲示してあります。 妻がこれはと思うものを貼っておいてくれたりするわけです。 で、27日になって見つけたのが次のものです。

 

 ピアノの発表会は、25日にありました。 家族がどたばたとしていたからでしょう。 
 パパは知らなかったわ:wink:

 愛おしい娘です:heart:

 皆さんも、皆さんの大切な人々とたくさんの愛情を育める年になりますように:**:

 Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。


いっすぅぃ・日記 | コメント(2) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

12月17日(土) 11:30〜13:30 育ちの部屋 comodoにて体験セミナー開催しました。
受講者は1名。茨城からお越しいただきました。
キラキラした目で、「うん、うん」とうなづきながら、じっと聴いて下さいました。

体験セミナーは、教育コーチングとはどんなものか、まず体験していただくセミナーです。
参加費は2160円ですが、さらにweb講座や親力向上セミナーに進まれた場合、2160円分の
割引を受けることができます(1年間有効)。

セミナーでは、教育コーチングの目的から、お話します。
キツネとタヌキの物語のアニメも登場します。
そして4つのトライアングルという教育コーチングの基本概念についてお伝えします。
信念のトライアングルのうちの「人は育とうとする生き物である」に焦点を当てます。
ティーチングの関わりとコーチングの関わりの違いをアニメをつうじて感じていただきます。
姿勢のトライアングル〜傾聴・質問・承認〜のうちの傾聴と質問について、スキルも交えながらお話します。
否定したり突き返したりせずに受けとる傾聴や、詰問せずに質問することで、子どもたちは安心して
自分の内面を見つめ、自分の中の答えに気づくことができます。
最後にこれからの日本の教育について。アクティブラーニングにも触れます。

来年はまず1月7日(土)11:30〜13:30に開催します。
子育て中のお父さんお母さんや、子どもたちとかかわるすべての方に、届けていきます:heart:

全国各地で開催されていきます。ぜひお気軽にご参加ください。
http://www.jyda.jp/coaching/course/c_coaching/ex_seminar/



Gao日記 | コメント(2) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2016年12月23日
ガッツの幸せ日記臭

教育コーチのガッツです

■今年の年末年始も明るく・元気に・前向きに!:**::**::**: です。

今日はクリスマスイブです。:star1.0:

私は朝から冬期講習会。小5の子どもたちと社会の学習です。

みなさんも小5生になった気分で挑戦してみてください。

・日本の三大急流は、最上川・球磨川とどこ。
・日本のまわりには大小約いくつの島がありますか。
・日本の面積はロシア連邦の約何分の1ですか。

・日本の2014年度の米の自給率は何%ですか。
・宮城県の三陸海岸沖にできる暖流と寒流がぶつかるところを何といいますか。
・工場を海外にうつし現地の人をやとう生産の方法を何といいますか。
・自動車工場には必要なときに必要な分だけ、中小工場から部品を集めるシステムを何といいますか。

・風力発電など自然の営みから半永久的に得ることができるエネルギーを何といいますか。
・貨物の積みかえや旅客の乗継ぎなどの中心となる空港を何といいますか。
・地図の中心から見た距離や方位が正しい地図は何図法といいますか。

どうでしたか?

正解数
0〜3点:社会科コーチ初級:[]
4〜6点:社会科コーチ中級:ase:
7〜9点:社会科コーチ準上級:-P
10点満点: 社会科コーチ上級:hahaha:
私はやった!満点だ!(笑)


正解:ふじがわ、7000、45、97、しおめ、げんちせいさん、じゃすといんたいむ、
さいせいかのうえねるぎー、はぶくうこう、せいきょほういずほう

■追伸
少し早いですが
みなさん、よいお年を!:








ガッツ日記 | コメント(1) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ

2016年12月19日
日常からの脱出


 超介です。

 12月上旬以来、再び登山を行いました。丹波のこのあたりは登山の楽しみがあります。今回は9人のチームで登りました。前回同様適度に険しい山です。鏡峠という隣の篠山市との境界の峠まで登って、尾根を歩きます。峠といっても道はあるかないかわからぬようなところを進んでいきます。その名も鋸山、のこぎりの歯のようにアップダウンの激しい尾根を進んで一番標高の高い岩が目的地。そこからは、いくつかの方向に進んでいく谷とその中の川、田畑、家々がグーグルマップのままに一望でき、さらには福知山市やら丹波市の北部の山並みが雲海の中に見えたのです。

 私にとっては、途中のルートも足元に注意しながら進まないと滑ったり、転んだりしそうなところの連続で、特に帰路はそれに加えて左足の太もも、両足の指先が痛み、辛いものでした。

 しかし、この登山は今の私にとっては非日常的であって、新鮮だからまた行きたくなります。この登山の後では、感覚、視点が違っているのです。それは、まだ身につけていない感性のようなものです。それにちょっと触れているのだと思います。

 さらに、この感覚の先に、登山以外に、来年からやってみたいことがあるのでは、という予感があります。



超介(長介)日記 | コメント(2) | 前へ 1, 2, 3, 4,  ... , 260, 261, 262, 263 次へ