コンプライアンス委員会

コンプライアンス委員会

委員会の目的

「エシカル」や「サスティナブル」といったことが今まで以上に社会的に求められはじめている。
結果的にE(環境)S(社会)G(ガバナンス)的な観点を持ち合わせた企業や団体でなければ、顧客・投資家・会社を支える人材からも支持されない流れが生まれている
日本青少年育成協会では、各種活動を通じて会員企業のESG経営をサポートしながら、教育の質を高めていくことを目指しており、その中でも、ガバナンス強化であり、コンプライアンスの遵守を啓蒙していくのが本委員会の目的である。

コンプライアンスの遵守・強化により、指導者がより青少年の育成に貢献できるようになるほか、各種リスクを未然に防ぎ、青少年育成に集中にできる状況を創りだす。

基本方針

■ コンプライアンス遵守への啓蒙
■ 就業規則や運用方法など各団体の知見の集約と共有
■ 労働紛争など突発的なトラブル時の相談窓口(弁護団等)の準備と共有

委員会メンバー

委員長 徳岡 臣紀

副委員長

小椋 義則

委員

小椋 義則、高木 毅

前年度の活動報告

当委員会の事業予定および概要等は、最新年度の会報誌『かけはし/JYDA GUIDE』または公式サイトからご確認ください。

TOP