会長メッセージ

活動方針(令和3年度)

~予測不能な一年を 力を合わせ乗り越えるにあたって~

 

【いつもと違う一年を振り返り】

昨年の今頃、(2020年1月中旬)、以下のテーマを全理事で確認して、2020年度はスタートしました。

1.開かれた組織

2.社会貢献する組織

3.チャレンジする組織

こんな組織をめざそう!!ということで一致団結し、沖縄での理事会が盛会のうちに終了いたしました。

その時すでに、国内でコロナの初の感染者が発表され、その脅威は静かに日本に忍び寄り、その後の国内の緊迫した状態は、お伝えするまでもないかと思います。マスクの不足から始まり、学校の閉鎖、学習塾の休校、今まで経験のない状況が、日常となっていきました。

そんなスタートの中、日青協の活動が注目される機会もありました。徳岡理事の声掛けで始まった武漢へのマスク支援、加えて林常任理事が物資段ボールに書き添えた漢詩「山川異域 風月同天」が、中国と日本のかけはしになって話題をあつめました。

(「2020年度十大文案榜(中国の流行語大賞にあたるもの)」で第3位に、、、)

このようなスタートが切れたのも、理事会で掲げた三つの目標「開かれた組織」「社会貢献できる組織」「チャレンジできる組織」が、すばやく反映されたからだと自負しております。若手の理事の皆様から声があがって間髪をいれず行動に移せたので、マスクの数も支援にふさわしい数(2万6千枚)が集まりました。掲げたテーマに相応しいスタートでした。

ただ、コロナの影響は深刻で日青協の活動はおろか、各会員企業の本業を揺るがす事態に進展、不透明で長いトンネルがたちはだかり、未だに続いております。

そんな中で、4月の理事会をオンラインにて開催、さらに若い理事から「総会も 講演会 懇親会もオンラインで実施いたしましょう!」と声が上がったのを皮切りに、2020年度の活動は、以下のようにほぼ予定通りに実施できました。まさにチャレンジする組織へと向かった一年だったようにも感じております。本当に感謝申し上げます。

【コロナ禍(渦)でできたこと】

以下にコロナ禍でもできたことを一覧にしてみました。(会報誌『かけはし』にも掲載)

4月理事会   オンラインにて開催

5月総会・講演会・懇親会 オンラインにて開催(参加者は前年比125%)

HSK試験の実施

年間12回の開催予定→ 3・4・5・6月を中止、ただし月に2回の実施で年間12回

スポーツ委員会毎月月例会予定 →オンラインにてほぼ毎月実施

キャリア教育委員会は

12月6日Nagasakiしごとみらい博

12月6日開催予定→10月9日から第1ステージ開催 第3ステージ終了12月5日6日にて実践され、そこに至るまで 堀川委員長のオンライン研修をはじめ月々のセミナーの実施(参加者は昨年100社1,000名から70社700名に)

アクティブラーニング実践フォーラム

11月1日2日開催予定→11月1日のみでオンラインにて開催

会員異業種交流会 年3回予定→ 年2回にしてオンラインで開催

忘年会を12月19日予定→ コンプライアンス委員会にして勉強会と忘年会を開催

国際交流委員会 → 2020年度から理事・会員を加えて毎月実施 オンラインで可能に また留学が困難になり、窮余の策として発案した オンライン留学を実施 全部で6プログラム実施(参加者は前年40名のところ、約300名に)

 

国際交流委員会・HSK日本実施委員会共催の

HSKフェア事前会議3が月に一回予定→ オンラインにて継続

HSKフェアは10月開催予定→12月7日~11日まで5日間オンライン開催(参加者は前年1800名→今年1800名)

環境教育委員会→ リユースPC販売に加え、会員家賃減額プロジェクトが始動 来年度の活動準備を

 

ここに上がらない委員会も、できる範囲で活動を実施してきました。委員会によっては例年より参加者が増加したイベントもあります。

 

【2021はどんな年に】

さて、この三つのテーマを掲げ、なんとか乗り越えてきた一年、先行きは未だ見えない状況ですが、2021年度も同じテーマを掲げることといたします。

再び「開かれた組織」「社会貢献する組織」「チャレンジする組織」をめざすというテーマで邁進して参ります。

再確認の意味で三つのテーマを振り返りましょう。

 

1.開かれた組織とは

所属されている会社の大小、個人の社歴、年齢にも左右されない “志” をもった仲間の集団であることが重要です。

かつては、学習塾中心に広がりをみせた日青協の活動ですが、教育コーチング事業の拡大と共に、教育という部分の必要性から、学習塾ばかりではなく、学校法人、一般企業、自動車学校に至るまで、日青協の活動は広がりをみせております。

さらに数年前から実施している異業種交流会の活動も後押しをして、教育機関を支える若い経営者の入会も多くなりました。

異業種交流会は、まさに開かれた雰囲気の中で、企業の垣根を越えて実施されています。提供する商品に厳しいフィードバックがあったり、自社への導入を考えたり、時として日青協の事業に発展する可能性をも感じております。

 

2.   社会貢献する組織とは

HSK日本実施委員会の活動に代表されるように、当初は、受験者数の拡大のみに力を注いでおりました。もちろん事業展開には必要不可欠なことです。ただ社団としてはここからが重要です。何のためにこの事業を行うのか? この事業を通して何を、誰に、届けようとしているのか?というところまで、事業の在り方を深めていくことが重要なのです。HSK日本実施委員会では、日青協のミッションを元に、監督官の研修、ボランティア活動の強化等を行ってまいりました。一見、受験者数増加には直結しない活動にも思えます。しかしその積み重ねが、10年連続の受験者数増加という結果を生みました。

このように、事業の本質を重んじ、日青協のミッションに照らし合わせて実践していくことが、ミッション達成の一助となると思っております。“架橋力”の育成に発展しつつある現状を実感できます。

 

3.   チャレンジできる組織とは、

私は常々、自社のスタッフにも “脱皮しない蛇は死ぬ”という言葉で、己の成長を促してまいりました。これは組織も同じで、常に自ら成長を求める集団でなければ、持続できなと思っております。

日青協も以前に比べ、事業内容が増えてきております。事務局スタッフも15名と、私が会長を拝命したときの3倍以上になっております。

時に応じて事業を生みだし、教育的な貢献を探し続ける組織でありたいと考えてきました。

日青協は社団維持のための社団ではなく、あくまでミッション遂行のための社団でありたいと考えており、チャレンジができる組織でありたいと願うばかりです。

 

皆様のご協力よろしくお願いいたします。

TOP