2016年06月27日
開業

足袋師@小山英樹です。

報告を遅くしましたが、
5月末日を以て成基コミュニティグループ取締役を退任、
6月1日付けで独立開業いたしました。

ようやく新しい事務所が整い、落ち着いたところです。


前職中のご厚情に感謝申し上げるとともに、
今後とも一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。






たびし日記 | コメント(6) | 前へ 1 次へ

6月25日(土)11:00〜13:00
埼玉県川口市、田村ピアノ教室にて、体験セミナーを開催しました:!!:

今回の受講者は、教員の方おひとり。
生徒たちや保護者とのよりよいコミュニケーションを求めて、試行錯誤を重ね、
調べているうちに、教育コーチングのサイトに行き着かれたそうです。

すでにコーチングのセンスをお持ちです。
面談でもしらずしらず前向き質問を使っていることに気づかれました。
謙虚で研究熱心で、愛情あふれる先生でした:**:

前向き質問とは、コーチがクライアントのプラスの過去やプラスの未来に興味を持って問いかける質問です。

「調子が良かった時は、何をしていたの?」
「何があったら、うまくいきそう?」

相手が失敗して落ち込んでいる時に、私たちはともすると、マイナスの過去や未来に目が行きがち。
そこに対する質問をしても、クライアントのやる気はあがってきません。

コーチ自身が、クライアントのプラスの未来を信じて、そこに興味を持って、問いかけていくことが大切だなぁと思います。

相手の姿によって、ぐらつく「信用」ではなく、どんな姿であっても「信頼」し続けていく・・そんな自分でありたいです。

自分の中で、不安が起こったり、相手をコントロールしたくなった時は、相手に対する自分の信頼はどうだろう?と自分に問いかけます。

そんな時は、自分の信頼がぐらついているんです。

そしてもう一度、自分の信頼を立て直します。

ひとりひとり思い描くプラスの未来は違います。

この人にとって、プラスの未来は何なのだろう?
どんな答えを持っているんだろう?
どんな風に生きていきたいんだろう?

人に対する興味は尽きません。

次回の体験セミナーは6月30日(木)午前10:00〜12:00 田村ピアノ教室にて。
お待ちしています:heart:






Gao日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


前回のブログで、運動会のことを書くのを忘れてしまいました。


小学校によって、いろんなチーム分けの方法があると思うのですが、

娘たちの通う学校では、

クラスの中で、赤白2チームに分かれます。

学年で、クラスは、バラバラだけど、赤白の対決をします。

先生もどちらかの色につきます。


さあ、姉妹で通っていると、赤白を決定する日まで

どちらが何色かわかりません。


今年は、・・・。


鈴木家は、お姉ちゃんが紅組。妹が白組でした。


さあ、鈴木家の大応援団?は、どちらを応援したらよいかが、

よくわかりません。

娘たちからのプレッシャーもあります。


ということで、本人たちが出場している種目は、当然本人を応援する。

学年での対決も、本人が出場している色を応援。


全体の玉ころがしなどは、1回戦目は、こっち!2回戦目はあっち!

というように、声をからして応援。



下の娘は、かけっこで、速い子たちの中でも

がんばりました。来年は、めざせ一等賞。



お姉ちゃんは、最後の運動会。

話題になっている組体操を本当によく練習して

本番は完ぺきな演技でした。

いい運動会だったね。

もう10年したら、彼らがグラウンドで走る姿はもう見れないなあ〜なんて

考えつつ、

体力トレーニングを始めてみようかなあと思う、おしょうさんでした。


おしょう日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月24日
ガッツの幸せ日記辞

教育コーチのガッツです

■夢追い人:**::**::**:

私は、わが子を通して “夢追い人” にならせてもらっています。:hahaha:

:★長男編・・・

 父が叶わなかった、夢。

それは、難関公立高校からの甲子園出場!

その夢を息子に託すことができました。

息子は幼いころから裏庭で明けても暮れても野球三昧
特性ボールが近所の家に飛んでいき家族で頭を下げて回りました。
これも、夢実現のため。でした。
そして、たくさんの泣き笑いを体験させてきました。

そして迎えた高校受験・・・・ 
みなは3年後の甲子園出場をイメージしてその日から練習スタートのはずが・・・

結果は不合格。:[] 親子で泣きましたね。:[] 

そして進学した私立高校でも挫折・・・。 

 野球との決別 =:[

今は立ち直り、他の球技で頑張っています。

先日、息子との会話で、
「今の種目で全日本選抜に選ばれたい。」と言ってくれました。

そして、夢は東京オリンピック出場です! ←これは父親の夢 ワクワク・・・

夢追い人は幸せだ!


■追伸
夏の全国高校野球の地方大会が近づいてきました。
新聞に各高校の野球部紹介が始まり高2になる息子の友人の名もでききました。
でも、まだ息子は素直にその記事をみれないようです。

ああ、青春です。





ガッツ日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月22日
ご縁をいただいて…

教育コーチのあるくです。


先日、

鎌倉市生涯学習推進委員会より

ご依頼を受けまして、

パパ・ママコーチングの体験セミナーを開催する機会を

いただきました:-D



鎌倉市は地元。

ご縁を感じてうれしい気持ち半分、

そして、まだまだ新米ママの私が、

どんな風にパパ・ママコーチングをお伝えできるのか、

不安な気持ち半分持ちながら当日を迎えました。



当日は、14名のママさんがお集まりくださいました:!!:

中には2か月の赤ちゃんとご一緒の方も:heart:


ほぼ私と同年代で子育て真っ最中。

みなさん、とっても熱心:**::**:


その表情から、

お子さんのことをすごく大切に思っていらっしゃるのが

伝わってきます。





子育てに右往左往しながらも、

学びに意欲的・前向きなお母さんたちに、

励まされ、心強く感じました。


セミナー後のアンケート。


「癒されました」

「難しく考えなくていいんだと思えるようになりました」


こんな感想が聞けたのは、これまでにないことで、


私にとってひとつの成長かな、と感じてとてもうれしかったです。




2時間のセミナーで、

それぞれのお考えや悩みにがっつり関わることが

できなかったのが残念です。


ぜひ、また次の機会があるとうれしいな:heart:






あるく日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

 皆さま、おはようございます。 大学院生の教育コーチ、いっすぅぃ〜です。
現在、各学校では「教育実習」の期間にしているところが多いですね。この大学4年生というと、私が担任をした生徒たちになります。ということで昨日、教育実習生の授業、また別の先生方の授業を見せていただく機会をえました。

 懐かしい面々に出会うことができ、また成長ぶりもうかがえ、まずは本当に嬉しかったです。私のことを覚えていてくれただけでなく、私の授業も覚えていてくれました。そう、あの栄えある「全国教育コーチングフェスティバル2012 教育コーチング実践成果コンクール(教育コーチング大賞) 個人部門 最優秀賞」をいただいた時に使用したもの、インタビューに答えてくれていた生徒も教育実習生の1人でした:heart:

 さて、今日のブログは、授業を見て気づいたことを、ぜひ皆さんと共有したいなと考えたからです。

 授業をみていると、プリントの答えを解説しながら板書していく授業、教科書のポイントを板書していく授業、が多いですね。ほとんどがと言ってもいいくらいです。で、ふと気づいたわけです。

 「おいしいところ」を奪ってはいないか:**:と。

 プリントに答えを入れていくプロセス、教科書をノートにまとめるプロセス、ポイントを把握して整理するプロセス、それらこそが学びであって、いわゆる【足場】をつくる作業:!!:
 このプロセスを奪ってはいないか、と。

 このプロセスが楽しいと思えるのが良い授業、この【足場】を自身のものとしてそこからジャンプするもう一つ別の楽しいプロセスを提供しているのが良い授業、とすると、どんな可能があるか。

 しっかりと語り、私が帰宅したのは12時45分:wink:

 みんないい先生になって欲しいなぁ。


アクティブラーニング | コメント(1) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


小学校の春の運動会の振替休日を


つかって、


今年も行ってきました、【富士サファリパーク♪】


さらに、足をのばして、


私の小中高時代、よく遊んだ海まで、


行ってきました。





仲良しの姉妹は、高い灯台につながる堤防の上で


手をつないでいます。


小2の娘は、はじめての太平洋:!!:


「このまま、まっすぐいったら、どこへ行くのかなあ〜:heart::**:


かわいい質問を聞きながら、


お姉ちゃんが、小学校最後の年でもあり、


家族でなかなかお出かけもできなくなるのかなあ〜。と


さみしくもなった小旅行でした。



おしょう日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月09日
ガッツの幸せ日記辞

■ガッツの呟き!:**::**::**:

教育コーチのガッツです:roll:

全国の教育コーチのみなさん、元気ですかぁ。:-P

さあ、本日も全国津々浦々どんなことが起こるのかな? わくわくですね。:roll:

 (以下は、 “ガッツの呟き” です! 一気にいきます!)


『 明るく・元気に・前向きに。 完全燃焼。  人生山あり谷あり。
  苦あれば楽あり。   自分が変われば人は変わる。

  やってみて、言って聞かせてさせてみてほめてやらねば人は動かじ。
  ついてる・嬉しい・楽しい・感謝します・しあわせ・ありがとう・許します。

  心はいつも日本晴れ。  伝染するもの三つ「あくび、笑顔、不機嫌な顔」。
  楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる。 笑う門には福来る。

  人間万事塞翁が馬。   成功するまでやり続ける。   継続は力なり。
  失敗とは成功するまえに諦めてしまうことい。   信は力なり。

  ピンチはチャンス。むやみに腹を立てない。   強力な信念はチャンスをよぶ。
  夜明け前が一番くらい。   ガッツ!サムライ魂!。』


気持ちええ〜なぁ!:hahaha::hahaha:

しあわせ、しあわせ。:hahaha::hahaha:

呟いてると、ホンマに楽しくなってきました!:**::**::**:











ガッツ日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月08日
無邪気に喜ぶ

教育コーチの なお です

今日は某コーチにコーチングしていただきました

詳細は省きますが
私の前進を無条件に喜んでくださるコーチ

今日のコーチングで設定した行動計画

次回 コーチに報告する事が楽しみで
ガンガン実行出来そうです

コーチングって ノウハウももちろん必要ですが

クライアントの前進を 無邪気によろこぶ:heart:
そんなセンスも大事 かもしれない:**:



なお日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2016年06月07日
一人だけの修学旅行

梅雨入りが発表された。
熱海も雨。

先日、雲一つない晴天の日に当フリースクールの修学旅行を実施した。
参加者は一人。担任と行く映画「バケモノの子」のロケ地をめぐる渋谷日帰りツアーだ。

まずは田舎の小学6年生には衝撃的すぎるガード下からのスタート。
リアルなホームレスの人たちを見て、驚きが隠せない様子。

次に、スクランブル交差点。
お母さんに「田舎の人が行くと失神する」と言われたと心配していたが、平日の午前中ということもあり、無事にクリア。

安心したのも束の間、渋谷センター街に入った頃には、「空気が悪い」と言い、落書きだらけの路地で持参したアメをなめて休憩した。

卵料理の店で昼食にして、代々木第一体育館、明治神宮の鳥居を見て、原宿に到着。
修学旅行の学生らしき人が大勢いる竹下通りに入った。テレビで見たラジカセおばさんがいた。
10mおきに客引きをする黒人に圧倒され、「おれ、ここは無理みたい」と足早に通り抜けた。
「ラフォーレ原宿」でトイレを借りて、表参道を青山方面へ。

青山学院の裏を通って渋谷図書館に行き、最後のロケ地である氷川神社に着いた時には16000歩以上歩いていた。

目の前でバスに乗り遅れるという悲劇があったものの、よくもまあこんなに歩いてくれたものだと思った。

神社でお参りし、おみくじをひいた。「中吉」だった。
家から持ってきた水筒の水をいっきに飲んだ。



この思い出はたぶん一生忘れないでいてくれると思う。


バンブー日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2016年06月07日
コントラスト

 皆さま、おはようございます。大学院生をしている教育コーチのいっすぅぃ〜です。皆さま、いかがお過ごしですか。

 多くの府県が梅雨に入ったようですが、昨日の三重県はとても清々しく、過ごしやすい天候でした。私は、朝から各駅停車に乗り、いつもの駅より一つ手前の駅で降り、堤防をテクテクと歩いて登校しました。

 こういうと、なんだか優雅で健康的な感じかもしれませんが、実情は、各停でゲットした座席で、黙々と原書を読み、というより「にらめっこ」。
大学はというと「高田本山前」という駅と「江戸橋」という駅のちょうど真ん中に位置するのです。歩く時間は一緒。より健康かどうかは引き分けです:wink:
 ですが、「江戸橋」に急行が停まることもあってか、他の学生が手前の駅から歩いているのを目にしたことはありません。ってことで、私は、誰に邪魔されることもなくテクテクと歩いて行きました。というと、やはり優雅、か:roll:

 昨朝の登校途中の風景です。

 たくさんの綿毛が飛んでいました。

 で、川に目をやると

 日本の「原風景」。 しかし目線を少し上げると、国道沿いの「ガ○○」や「M」が目に入ってきます。

 そして、川とは反対に目をやると、


 なぜだかこの歌が湧きあがり、ふと平和とは何かを考えたのでした。
 How many roads must a man walk down
 Before you call him a man ?
 How many seas must a white dove sail
 Before she sleeps in the sand ?
 Yes, how many times must the cannon balls fly
 Before they're forever banned ?
 The answer my friend is blowin' in the wind
 The answer is blowin' in the wind.



いっすぅぃ・日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

七転び八起きの教育コーチどんです。

とってもお久しぶりのブログです。

あれから2年も経つのですね❗️びっくり8-|
嵐の様な毎日が今となっては懐かしく、幸せだったなぁ
と、しみじみ感じる穏やかな今日この頃…。

時折、お馴染みの(?)長男が吐き出しきれずモヤモヤした
重い思いを母に吐露することはあるものの(笑)、
穏やかに毎日を感謝し過ごせるのは、
やっぱり【教育コーチング】での学びとそれを実践させてくれ
親とし鍛えてくれた息子たちのおかげと有り難〜く思えるから
不思議ですね:mrgreen:

今夜は新月。
目に見えなくてもそこ(底)にある大切なことを
お月さまは教えてくれている気がします。

七転び八起きのドンマイ子育ち=絆創膏要らずのどんとこい親育ちなり〜:**:




どんちゃん日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

そら@内藤です。

  ご縁をいただいて、
  駒ヶ根高原レディスクリニックで、
  「パパママコーチになろう」研修会を行いました。

  「最高に幸せな親子の関係づくり」
     ー   パパママコーチになろう ー

   こちらのレディスクリニックさん。
   とってもおしゃれなクリニックです。

   そして、考え取り組まれていることがすごい!
    「パパママ子育て広場」という
    産前産後のお父さんやお母さんのケアも
    しっかりやられています。

    少子化の時代
    出産だけでなく
    お母さんやお父さんのサポート
    子どもの教育、地域の子育て支援
    幅広く、先進的に取り組まれています。

    私もしっかり関わらせていただきます。

   


    こちらにクリニックの紹介があります。 ご覧ください。 
http://www.kklc.jp/blog/2016/06/04/第1回パパママコーチング/
  


そら日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

 超介です。

 コップの中に水を入れると、いつかは水があふれるように、目標に向かって毎日ふさわしい行動をとり続けると伸長があります。成長曲線上で、プラトーな、つまり時間とともに効果が上がらない部分が、ある時を超えると突然に立ち上がるのは、十分な水がコップにたまったからです。物事を始めて、途中で嫌になるときにはこのことを考えてみて、また再開します。このことは大変重要で、これを知っていると上達が進みます。あきらめない、効果が上がるまでやめないということです。

 上記のように学びが進まない人もいます。その人たちは、そもそもコップに水が入っていないかもしれないし、コップに穴が開いている場合もあります。が、それらの対処方法はわかりやすいのですが、さらにさかのぼって根本を探してみると、そもそもコップに水を入れることを本人が希望していない場合、これは根本的な問題です。塾のような子供たち対象の学びの場では、これは大変多い事例です。この場合も、本人は学びたいという意識が全くない場合は少なくて、それがどの程度継続できるかによる違いだけです。

 これは人により状況が違っていて、この時こそコーチング的な対応が有効になります。継続してコーチングしていて本人が自分の内側を見つめたり、未来の自分を想像、創造したりできるようになれば道が開けてきます。そして、このコーチングが有効に働く場合とそうでない場合の違いは、ある種の集中ができるかどうかによります。その違いは、マシュマロテストにおける我慢ができたことそうでない子の違いのように思えるのです。この内側の欲求をコントロールするようになることはとても大切なのです。



超介(長介)日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月01日
人は死なない

『人は死なない』という本を読んだことがある。
大変驚くべき内容だった。しかし、その話ではない。

私の父が亡くなってもうすぐ4ヶ月になる。

終戦の前年、徴兵の年齢には満たなかったがお国のためにと志願して入隊。
敗戦色濃厚の軍港で陸上戦に備えるだけの日々に戦意が萎え、終戦の日「玉音放送の意味をしばらく理解することができなかった」と古いに日記に記されていた。

そんな父が今回のオバマ大統領の広島訪問やあの演説を聞いたら、どんなに感激しただろう。
せめてもう少し生きていたら。そして、90歳の誕生日まで生きていたら、どんなに満足したことだろう。

「過去は変えられない」

父が亡くなってからは悲しむ間もないほど後片付けに追われた。

ベランダいっぱいに観葉植物があった。
一つとして咲いているものはなく、人さまにもらっていただけるようなものはない。

寒い時期だったので、勤務するフリースクールのビニールハウスにとりあえず運び込んだ。
植物が死なないことだけを願って水やりだけはした。

期待はしなかった。



「アマリリス」見事だった。

「お父さん」とつぶやいた。

人は死なない。



バンブー日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年06月01日
大きな魚が泳いでいる

超介です。

 未体験の、未知の世界を知った時、期待感が持てるか、それとも恐怖が先に立つか、どちらか。後者は未体験の世界を避けて、既知体験の世界にとどまろうとします。しかしながら、人が成長する時、いつまでも既知の世界にとどまることは許されないときが多いです。多くの人が体験する進学やら就職、転職、結婚等々に向かい合うときはまさにその時です。この2者の差は、したがってその後の人生に大きな影響を与えます。人の無意識の中には生物としての生存本能やら、プラス、マイナスの感情のもとになる原体験が潜んでいて人生の局面で意識をコントロールしようとします。しかしながら、意識と無意識の境目が緩やかになり、自分の心の中に潜んでいるものに光が当たると、気づきが起こり一歩前に進むことができます。コーチングはそのようなときに有効になります。
 10代のころは夢が持てる世界を探してそこに進んでいこうとしていました。60代になった今は夢との出会いを求めて探す生き方から少し変化して、夢は自分で如何様にも作り上げることができるので、そのことを軸にするようになりました。そしてそのようにしておれば、大きな魚が近くを泳いでいることに気が付くようになりました。



超介(長介)日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2016年5月26日 プラザイースト 第3セミナールームにて、体験セミナーを開催しました。


今回の受講者はお二人。

すでにコーチングを学ばれ、これから起業されようとする男性の方と
お仕事をしながら、お子さん3人育てられているママさん。

とても意識の高いお二人でした:**:

男性は退職後、社会のために貢献していきたいという素晴らしい志をお持ちです。
そのために、コーチングを学ばれているということでした。
つねに新しいことに挑戦されている姿勢に、こちらも刺激をもらいました。

お子さんや家族のことをいつも気にかけているママさんの優しさ、愛情。
子育てが思うようにいかない時に、自分のコミュニケーションを見直してみようと思って、参加してくださいました。
講座をとおして、ご自分の姿を客観視し、こうありたいという姿が見え、課題が明確になってきました。
ちゃんとご自分の中に、答えを持っていらっしゃいました。

体験セミナーでは、教育コーチングの姿勢のトライアングルのうち、傾聴と質問にスポットライトを当てます。
Web講座や親力向上セミナーに進まれ、残りの承認や、さらに奥深くて楽しい教育コーチングの世界を知っていただきたいと思います。

今回の体験セミナーで、自分がトレーナーを務めたのは8回目。
毎回、新しい出会いがあり、毎回、違った場ができ、自分にとっても学びや気づきがいっぱいです。


今回、参加された男性は人生の先輩でもあり、興味深い言葉をいただきました。

子育てしながら、親も一緒に成長していく。
うまくいかないと感じる時は、親が天井ギリギリになっている。
3階建ての吹き抜けの空間をイメージし、親も大きくなっていくと、問題も解決する。

・・・言い回しは少し違ったかもしれません。
子どもとの関係など、ちょっとうまくいかないと感じた時には、自分が変わっていくチャンスということなのでしょう。
相手を変えることはできませんが、自分は変え放題。
教育コーチングをつうじて、人が育つコミュニケーション、お互いに高めていきたいですね:heart:
:**:


Gao日記 | コメント(0) | 前へ 1 次へ