2015年06月30日
傾聴の力

教育コーチのあるくです。


2歳になった息子。


言葉をぼちぼちと覚えはじめて、


会話が成り立つのがとても楽しい今日この頃。



最近のヒットは、

「ろくちゃんの好きな○○はなに?」

というインタビュー遊びです。



手でマイクを作った私が質問します。

「ろくちゃんの好きな色はなに?」



「ん〜・・・、ピンク!」




「ろくちゃんの好きなおうたはなに?」




「ん〜・・・、ささのはさらさら!!」




少し照れくさそうな、そして、めちゃめちゃうれしそうな顔で、

一生懸命に答えます。



「ろくちゃんの好きな遊びはなに?」



「ん〜・・・、ボンベルンバッピ!!」

宇宙語も健在です:ase:




答えるときにいっちょ前に少し考えるところが

笑えます:mrgreen:





「マミイ、なんですかもっとやってー!」

エンドレスインタビューの幕開けだー・・・:ase:


まだまだ修行中です:hahaha:




あるく日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


4月に行われた、下の娘のバレエ発表会の写真が


ポーズ写真やら、全体写真やらが出来上がってきました。


かわいい!きれい!


家の中でも、そんな声が飛び交っています。


でも、私のお気に入りは、おもしろい写真です。


ステージ裏で、お姉さんクラスや先生の踊りをみている

娘のクラスのみんな。


ステージ裏で暗いので、露出に時間がかかって、

シャッタースピードが遅くなった、

お母さんスタッフが撮った写真が秀逸。


娘は全く動かず、ステージを凝視している。


しかも衣装のネズミちゃんの恰好で。



おもしろい!そして、かわいい。


集中しているこどもって、かわいいですね。



おしょう日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2015年06月24日
ガッツの幸せ日記鮫

■たのしみ 探し:**:

最近、笑っていません。
笑うことがありません。 

それもいいかぁっ・・・。

(うれしいことはあったけど笑ったことは・・・ないなぁ)


でもこれって思い込み?

☆Beliefの書き換えをしよう! 
☆この世はすべて思い込みだ!! 

何をしようかな。 
今すぐにもできる楽しみごとは・・・

・早朝のお天道様を浴びる
・高校野球の感動シーンを観る
・漫才を観る
・息子たちと野球談議をする
・娘をハグする
・仲間とビールを飲む

「ワッハ・ハァ〜」と腹の底から笑っていくぞ!

“笑う門には福来る”ですからね。

■追伸
null
これは富士山頂でのご来光です。
時代は「昭和」です!
「一番」Tシャツが懐かしいですね。



ガッツ日記 | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2015年06月23日
言い間違い

教育コーチの なおです

JRでお隣の席の2人組のご婦人

「小倉でね新幹線降りて乗り換えたんよ
えーっと なんだったかな〜 ソ… ソ…
えーっとね あ!そうそう!!

ソユーズに乗り換えて大分までね」


九州出身の私は すぐに
ソニックの事だとわかりましたが

スケールの大きな言い間違い

彼女の無意識がこの言い間違いを創っているとしたら?
こんな会話に耳が大きくなる私って?

な〜んて 考えていたら
あっという間に目的地に着きました


小倉でソユーズに乗り換えてみた〜ぃ:!!:



なお日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

北海道の教育コーチ にこちゃんです!

久々のブログ。
日頃facebookに出来事を投稿することが多いのですが、先日そちらに書いた「教育コーチングとの出会い」で本を紹介した話題が広がって、facebookをやっていない方からのリクエストをいただいたので、こちらにも書きます。

この本に出会った時、自分の子育てを本当に本気で承認された気がした。

『(子どもに)何でも知りたがり、何でもやりたがり、何でも見せたがり、話したがるこの欲求をいつまでも持っていて欲しい。・・・
知りたい、やりたい、見たい、話したい欲求をすべて満たすはずの勉強に喜びを持って取り組む子どもは多くない。
人はいつから知りたくなくなり、やりたくなくなり、見せたくなくなり、話したくなくなるのだろう。そうなるきっかけを大人が「教育」の場で作っているとしたら、本末転倒も甚だしいことになる。』


外では怒らないママと言われた。
うちでは説明する母と言われた。
職場では「教育を語るのは10年早い」と言われた。
「潮陵高校へ行けるというのになんの文句があるの」と娘の夢を否定された。

今できないことを落ちこぼれと言われ、
現在の成績から志望の高校を決められ、
行ける大学に進んで将来の仕事を選んでいく。
そんな教育事情が不思議だった。

見たい知りたいやってみたい!これが子どもたちの原動力だ。
やりたいことの実現のために、やらなきゃならないこともやろうと、彼らは自分で決められるものだ。

そんなことを教えてくれたのもこの本です。
教育コーチングの師匠小山英樹さんの本、おススメです。
「子どもの心に届く言葉、届かない言葉」




にこちゃん日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年06月17日
せつなさの来るところ

超介です。

過去を振り返り、生きてきた自分をそのままに受け止めていくと、せつなさがあらわれてきて胸がいっぱいになります。例えば、40年間過ごした四国松山へ再訪すればきっと、松山インターの手前の最後のトンセルをぬけたあたりでは、そうなるだろう、と。

そこに足を踏み入れれば、そこでの40年間の、いろんな出来事が思い出されてきて、それと同時にその時あじわった様々な感情が一気ににじみ出てきます。寂しかったこと、つらかったこと、悲しかったこと、うれしかったこと、感動したこと、楽しかったことがごちゃまぜになってせつなさとなっているようです。

その後はにじみ出た感情に心の表面が洗われてきれいになってポジティブになっている自分に気が付くことが多いのです。

 何年か前、まだコーチングを習って間もないころに「ゆるす」を意識して、おこなったり「心の2層構造」ということを知りえて理解が進みました。

無意識にしまい込まれている様々なものたちが、意識の層に浮かび上がってくるときに、同時にポコポコ泡みたいにでてくるせつなさ。
 



超介(長介)日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

教育コーチの足袋師@小山です。

トレーナーとして研修を「する」立場は年間100〜200回。
「受ける」立場はほんの数回。

久しぶりに「受ける」立場を経験しましたが、
「あぁ、受けて良かった」と心底お得感と感動に満たされました。

鈴木建生先生による「アクティブラーニング実践講座−基礎研修」です。




ま、日青協が主催している講座ですので、良かった、良かったというのは
手前味噌だし、宣伝臭く聞こえるかもしれませんが、
そんな迷いを捨てて言います。「本当に良かった!」

アクティブラーニングって何なの?
アクティブラーニングがどうして必要なの?
アクティブラーニングってどんな効果があるの?
アクティブラーニングって具体的に何をするの?

もちろん、自分自身勉強して来たし、実践して来たし、
鈴木先生にもずいぶんいろんなことを教わってきました。

しかし、腰を据え、他の受講者と一緒に学んでいくと、
新たな気付きがいっぱい!

「アクティブラーニング」を「アクティブラーニング」した
6時間でした。




アクティブラーニングは奥が深い!!!
学校や塾で、先生方がどんどん実践するようになれば、
子どもも、家庭も、学校や塾も、地域も、日本も
必ず良い方向に変わっていくと確信します。


残りの日程は、
◆6月21日(日)東京
◆7月11日(土)京都
◆7月18日(土)東京


null


アクティブラーニング | コメント(1) | 前へ 1 次へ

2015年06月15日
体験セミナー開催!!

皆さん、こんにちは!

山形のね↑です。
6月13日(土)に酒田では第2回目の「体験セミナー」を開催しました。

当日参加のお母さま方は、熱心にお話を聞かれ、メモを取ったり、
コーチングセッションを体験したり。。。
お母さま方の素敵なこと!!:**:
あっというまの2時間でした。

そこで「男の子って。。」という話になりました。
その場にいる全員がなんと男の子の母であることが判明。
おおすごい!!
と帰り際が一番盛り上がる楽しいセミナーでした。

「今度はお父さんを連れてくる!」
「親力向上セミナーに参加したい」
と前向きな言葉をもらい、
嬉しいなぁ。あったかいなぁ。
お母さんたちを元気にしたくてやっている活動ですが、
私も毎回元気をもらえます。

参加されたお母さま方、
ありがとうございました。
またお会いしましょうね!!


ね↑日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

ブログ読者のみなさん

教育コーチのGです。

昨日(6月14日)、教育コーチ養成講座初級実践編を
兵庫県神戸市の三宮センター街で開講しました。

神戸での開講は初です。

もちろん?
兵庫県(尼崎市)出身の私としては黙ってられません。

三重県から三宮までやってきました。


センタープラザ西館の6F廊下を歩いていると
遠くの方からなにやらワイワイと楽しげな雰囲気の声が聞こえてくるため
講座の部屋番号を確認せずに来ましたがすぐに分かりました。

ソーッと扉を開けて部屋に入ると
こんな状態でした。


男性はお一人で他は女性(トレーナー陣も含めて)
華やかで女子大に来たようでした(このネタ、前にも使ったかな?)。


遅れてきた私も温かく迎え入れてくださいました。
とってもとっても素敵なみなさんでした。

今後も、東京(神楽坂)、京都(烏丸御池)はもちろん
7月19日(日)には仙台でも初級実践編を開催します。
開催スケジュールの詳細はここをクリック

みなさんとの出会いを楽しみにしています。





みねG日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2015年06月13日
飾ることから離れる

超介です。

「超マイペース」です、という自己紹介をする人に出会いました。彼はあまり「動じない」人で興味、関心のままに行動しているように見えます。かといって、「わがまま」というわけではなく、人の話をよく聞く姿勢を持つ人です。

よく見られたい、こんな風にみられたくない、という思いにとらわれ、自分を飾りすぎて、言いたいことがあらわせない、という自分に気が付いているので「超マイペース」な人が私の前に現れているんだと思います。 

 先日、神戸市での(一般社団法人)日本青少年育成協会総会後の講演会の2人の講師の方からも同じようなことを感じていました。お話の内容はもちろん素晴らしかったのですが私はその語り口、そして自己開示を含む内容に大きな関心を持ちました。

 自分の持っているエネルギーを、最大限やりたいことにそそぐ生き方を見せていただいたように思えたのです。

 同じことを尊敬する人からもアドバイスとしていただいていることに気が付きました。j.スクールのことを話しているときに「あなた自身のひとを出せばよい。受験塾でも自立塾でも関係ないよ。」とアドバイスしてもらっていたのです。

 飾ることにとらわれすぎないように。



超介(長介)日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2015年06月12日
一本の電話

 皆さま、おはようございます。三重県の公立高校で吹奏楽部の顧問をしている教育コーチのいっすぅぃ〜です。 
 去る6月7日の日曜日は定期演奏会を開きました。

 今年でこの学校には9年目。新しい顧問の先生にバトンタッチするのにもいい時期。ということで、今年度の始め、「今年のコンクールをもって主顧問を交代します」と生徒にも宣言。つまりは、この学校で私がマネージメントをしての演奏会は最後、ということ。
 気合いも十分に演奏会に臨みました8-)

 お客様の数は540人。例年よりも沢山の方にご来場いただきました:heart:
 ある吹奏楽団の団長様からは、高校主催のステージでこれだけのエンターテイメントは三重県で最高:!!:とお褒めの言葉もいただけるほど、本当に生徒たち、頑張っていました。
 劇あり、ダンスあり(今年のにはかなりのキレがありました)、お客様自身とともに行うダンスや歌もあり:**:

 火曜日のことでした。一本の電話が入りました。 事務室からは、「演奏会にお越しになった方から外線です」だけでした。

 電話を代わると、「ほんとに石田先生なんですかぁー」と叫び声に近い声。びっくりして「どうされましたか」と伺うと、
 旦那さんがドラムをされていたが、体の調子が悪くて今はやっていない。そんなこともあり、近くでやっている演奏会や高校主催の演奏会にお邪魔している。先生のところのが素晴らしすぎて、今も頭の中を巡っている。曲だけじゃなくって身体も勝手に動くぐらい。自身も病気をしたりしていたのだが、本当に元気になった。ファンになった。追っかけをしたい:heart:
 と熱烈なラブコールをいただきました。

 15分ほどの電話。電話を受けながら、涙のおすそ分けをいただきました。
 本当に、ありがたい。
 お役に立てている、生かし生かされしている、そんな状況に余計に「ありがたい」「ありがとう」の気持ちでいっぱいになりました。

 皆さま、今日もハッピーな一日を:wink:


いっすぅぃ・日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年06月11日
「親力」向上セミナー

教育コーチのなみぞうです。

5月が初日だった今回の「親力」向上セミナー。

本日が2日目でした。



この3週間で・・・

子どもにこんな素敵なところがあるんだって気づきました!

子どもと1時間ゆっくりと進路について話せました。
お互いに素直に正直に話せたことが嬉しい!

子どもの良い所とか好きな所が自然と口に出せるようになりました!

子どもと一緒にいる時間そのものを楽しめる自分がいます!

子どもが「自分でやる。大丈夫」って言ってくれて頼もしかった!


なんだそうです:hahaha:



皆さんの中にある素敵なリソースがどんどん使えるように
なっている証拠ですよね:heart:

素敵すぎます:**::**::**:


そして、今日も皆さんの鋭い感性がどんどん出てきました。



    null


最後に届け合った承認のメッセージもどんどん出てきました。

     



そして、秋に再会のお約束:!!:


こんな笑顔で皆さんとの出会いを喜びあいました。


      




いや〜、なんか自由で縛られることなく
み〜んなで深め合うとっても味わいある時間でした。


じゅんちゃん、今日も一緒にサポートありがとう!

皆さん、素敵な夏を過ごして再会しましょうね:heart:

















なみ日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年06月10日
Beliefから自由になる

超介です。

「自分はできない」という思い込みにとらわれると、「できない理由さがし」が始まって、何を見ても、体験しても、堅牢な「できないworld」を構築していきます。逆に「できることさがし」をやれば「できないworld」から一歩を踏み出し、行動するエネルギーが得られます。

「できること」もあるし「できないこと」ともあると、少し客観的にとらえることができるようになりました。

組織塾の中で守られていたから「できる」と思っていたことは、個人でやってみると「できない」ことにちかい、と感じることもあります。組織から離れて独立して動くようになって、それまでは「できない」ことが「できる」と思えるようになることもあります。

「思い込み」(Belief)から完全に自由にはなれないですが、やろうと決めたことに向かって行動が繰り出せていないときに、何かの「思い込み」にとらわれているのでは、と考えるようになりました。

そして、もう一つ。「過去の実績・経験から」ではなくて「未来の姿(=達成)から」見ることを意識するようになりました。そこ(未来の姿)へ行くんだったら当然これは通る道、というように「壁」と思っていたことに向かい合えるようになりました。

そして、その道を通る、不安や迷いがあって、それを味わいつつ、通ろうとしている自分がいます。




超介(長介)日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。

先日、家族ではじめて

富士サファリパークに行ってきました。



娘たちは、

動物に会う前から車内で狂喜乱舞していましたが、

ゲートをくぐって、最初のクマゾーンから、


最後の草食系の動物まで


叫ぶや、撮るや、踊るや


まさに狂喜乱舞。






窓やドアを動物苦手なパパでも

開けたくなるのがわかるくらい。

写真は、200枚近く娘たちが撮った中からのベストショット2枚。

あいにく富士山は雲に隠れていましたが、

最後の最後であたまを雲の上に少しだけ出してくれました。



すばらしい:**:




パークから帰りたくない小1娘は、

「ああ〜、つまんない。楽しくなかった。

もっと見ないとつまんない。」と連呼。


それを聞いて、奥さんがぶち切れ!

駐車場で大泣きする一幕も。

まあ、これも旅の思い出。





家に着いて、寝る直前、小1娘が

「サファリパーク楽しかったね。また行こうね。」

これがあるから、パパ業はいいですね:heart:


おしょう日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2015年06月09日
ガッツの幸せ日記鮫

■家族への感謝
先日、この春高校生となったA君とばったり会いました。

彼は開口一番「先生、今とても高校生活が楽しいです」と言ってくれました。うれしかったです。
A君との出会いは3年前になります。成基中学部に入園してきたA君は成基でいう
4J(自己肯定感、自信、自負心、自尊心)がとても弱く塾も続けることができるかとても心配な子でした。
成績は中の上、やればできると言い続けていきましたが反応はあまりありません。

そんな彼にやっと変化が見られたのは中3の春のことでした。

塾では毎年5月10日に保護者の日と定め保護者へ感謝のメッセージをハガキに綴り送ります。
そのA君が中3の時に書いたメッセージは「お母さん、いつも、塾への送り迎えやお弁当を作ってくれてありがとう。
お父さん、ぼくのためにつらい仕事を頑張ってくれてありがとう」というものでした。
薄い鉛筆で書かれたA君の父母への感謝の言葉。

私はA君に「いい家族だな」とひとこと言いました、するとA君は照れ臭そうに微笑んだことを覚えています。

それからA君は変わりました。口数も増え、笑顔もみせてくれるようになりました。
そして苦しい受験勉強も乗り越えて今では立派な高校生に成長していました。

成基がA君の人格形成に大きく影響したことは間違いなく「家族への感謝」の気持ちです。
自分自身が今こうして存在できているのも家族をはじめ多くの人たちの支えがあってのこと。
この気持ちを素直に表すことでA君のやる気の心に火を点けたのです。

これからも子どもたちに「感謝」することの大切さを伝え志に基づいた夢実現の支援をし続けます。





ガッツ日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

教育コーチのりんです。

みなさん、お元気ですか?


来月発行予定のPM(パパ・ママ)コーチ23号:**:

「飛び出せ!J・BOY&J・GIRL」を取材し、
原稿作成中です。

取材したのは
世界で活躍するバレーダンサーを目指す美男子兄弟。
終始笑顔で話しながら、自分の言葉で
表現できる芯の強さとしなやかさを持つお二人です。

どうぞ、お楽しみに:heart:

そして、弟さんは
去る6月4日(木)
京都市文化芸術表彰 みらい賞を受賞されました。


おめでとうございます:**::**:






凛(りん)日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

2015年06月06日
評論家は不要?

かぽねです。
評論家の森永卓郎さんのコメントが出ていました。

自分の意見をテレビで発言する自分のような人よりも、自分の意見を言わずにわかりやすく解説する池上彰さんの方が、現代では受けが良いそうです。

討論番組も視聴率取れないそうですね。そういえば、TVタックルもいつの間にか深夜番組になってますし。森永さん曰くですが、ツイッターなどで色んな人が色んな意見を言っている。わざわざテレビで評論家の意見を聞かなくても良くて、むしろ話題についていくために意見ではなく解説を欲しているのだそうです。

自分はどうかなぁ。都構想、原発、死刑制度などなど自分の意見?立場?はそれぞれ持ってるけど、やっぱり反対のこと言ってる人の意見が気になります。意見の裏にはその人の価値観や信念が反映されるから価値があるしそれを聞いた上で自分のものと比較できます。質より量的なツイッターでは物足りないな。人はそれぞれ。自分だけが正しいのではない。ここに確固たる信念があるからかな。批判覚悟で自分の意見を公にする評論家という仕事、残ってほしいな。。


かぽね日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

皆さんこんにちは!
山形の教育コーチ、ね↑です。

先日あるお母さんとのお話の中、
「お母さんって名前で呼ばれないよね」
っていうお話に。

「結婚したら、○○さんのお嫁さんってよばれて、
子供産んだら△△ちゃんのママってよばれるわ〜。」

とのこと。

あぁ、たしかに。

その方は名前で呼ばれなくなってから久しく、
それも何となくもやっとすることの一つらしいです。
子どもが生まれてから大きくなってきた
得体のしれない”もやもや”の一つがこれなんですって。

コーチングセッションを受けて
そこが腑に落ちたと教えてくれました。

本来の自分が分からなくなってきた。
自分が何者なのか確かめたかった。
ってところでしょうか?

ママだって一人の人間。
名前を付けて幸せを願ったおうちの人がいるわけで。
そこを確認したかったのかもしれないですね。

私はというと
子どもの頃、母は私を叱るときに

「さいこさん」

と名前にさん付けで呼ばれていたので

いまだにそう呼ばれるとドキッとします。。。
何か悪りことしたのかよ。。。=:[

そんな気付きがあるかもしれない教育コーチング
まずは「体験セミナー」をどうぞ!!

次は6月13日(土)ですよ!!:heart:





ね↑日記 | コメント(7) | 前へ 1 次へ

しし@福本 栃木県です!

5/31(日) ANAクラウンプラザホテル神戸にて、
教育コーチング事業の母体である、
日本青少年育成協会の例会・講演会に参加しました。



第1部:樋渡啓祐氏
 (樋渡社中 Founder&CEO  元佐賀県・武雄市長)

第2部:高濱正伸氏
 (花まる学習会 代表)





どーしても、お会いしたかったお二人:**:
あっという間の3時間で、
わざわざ、神戸まで行って本当に良かったです:-P

同じく、人前に立つ身としても、
技術云々よりは、
その人の根っこにあるものの大切さを感じました。

今日から、子ども達や保護者・スタッフと、
更に深く関わりたい!今はそんな気持ちです:!!:




しし日記 | コメント(10) | 前へ 1 次へ