教育コーチのおしょうさんです。


春の運動会になってから、4回目。

今年は、娘二人が登場。

二人とも赤組。



小5の娘は、本部でのお仕事。

場内へのアナウンスや、

競技終了・開始を知らせるスズを鳴らす担当。



運動会直前に、体調を崩していて、

競技に関しては、綱引きの綱を持つのも初めて、

騎馬戦も戦術が良くわからないまま参加。

親から見る限り、どの競技も必死さが見えてかっこよかったなあ〜。



小1の娘は、はじめての運動会にやや興奮気味。

頑張らないお友達や、

「白組」が絶対勝つさという、先輩たちに対して、

○○はとっても嫌な気持になっちゃう!とご立腹。

そんな娘もかけっこは、練習のときよりナイスランで、

2位を獲得。



祖父母にも体操や玉入れなど、競技中にも手を振るサービスぶり。

おねえちゃんと一緒に参加できる運動会は、

あと1回。



頑張った二人のおかげか、


赤組は勝利。


松本でも30度を越すという暑さの中、

真っ黒・真っ赤に日焼けした娘と、

鈴木家一家。

今日はよく眠れそうです。






おしょう日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

こんにちは!あんみつです:wink:

もう6月がスタートしますね。
青空、新緑に包まれていると心が和みます:heart:

いつも教室に通ってくださっている
ママさん達から素敵な
お話を聞かせてもらった〜。


S君ママさん:
「先生、あのね。」
(小学一年生の『あのね帳』みたい)

私:「なんですか〜?」

S君ママさん:
「うちの子、絵画コンクールで金賞になってその賞金で
お母さんに指輪を買ってあげるねって言ってくれたんです。
その気持ちが嬉しくって。」

私:「「わわ〜!S君が〜!!」

S君ママさん:
「それでパパがお金を足してくれて買ってもらった指輪が
これです。今までで一番幸せです。」

私:「良かったね、お母さん:heart:


そしてAちゃんママさん
「先生、あのね。」

私:「なんですか〜?」

Aちゃんママさん:
「Aにいつも叱ってばかりだったのに、
私がお醤油をこぼした時、
『お母さん、座ってて。
いつも私や弟がこぼした時に
お母さんが片づけてくれるから、
私がする』って言ってくれたんです。

私:「わわ〜!Aちゃんが〜!!
   良かったね、お母さん:heart:



そして、ママさん達が言った言葉。

心配も不安もあるけど
母親の私をこんなに大切に思ってくれている
我が子の支援者でいたいって:-P

毎日、一生懸命のママさん達。
これからも輝いてください!:**:


あんみつ日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

こんにちは。

教育コーチのうみです。

私がトレーナーにさせていただいたのを機に

私たちの塾のスタッフにも教育コーチングを

学んでもらい、

塾の指導にも大きく取り入れはじめることができました。

忙しいにも関わらず、

学生スタッフも時間を作って講座を受講してくれて!(^^)!

教室の中で(まだまだ駆け出しですが)教育コーチングを

実践する学生スタッフを見てとても嬉しい日々を過ごしています。

そして、昨日、認定校のプレートが届きました!!!

プレートを見て、スタッフ達もいっしょに喜んでくれたのが

またさらに嬉しさを増大させてくれます(^^♪

認定校としてスタートできるのは、

たびさん、なみさんをはじめコーチング事業部のみなさまにも

ホントホントに感謝です!ありがとうございます。

そして、教育コーチング体験セミナーも動き出します!!!




■東京・渋谷開催
6/18(木)  10:00〜12:00

渋谷 GreenLounge  
渋谷区神宮前1-7-9 B1


■東京・市ヶ谷開催
7/3(金)10:00〜12:00

市ヶ谷 名前もない小さな個人塾
新宿区市谷田町3-1 eisuビル10F

一人でも多くの方に教育コーチングに触れて頂けたら嬉しいです。

駆け出しのトレーナーですが

私らしくセミナーを楽しんで進めていきます♪




うみ日記 | コメント(6) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


先日、我が家で【事故?事件?】がありました。


毎週月曜日は、仕事の関係の都合がつけば、

車で次女と長女のお迎えをしている親バカな私。
(しかも下校時間が違う娘二人をそれぞれ迎えに行くという執事的なパパ)


その日は、仕事がギリギリまであったので、

朝、


私「今日はお迎えは無理かもしれないけど、
 
  ○○が、おうちに帰ってくる時間までにはパパも、おうちに帰ってきているからね。」

娘(次女)「は〜い。」



そういう時に限って、渋滞するもの。

いつも20分かかる道が、40分ほどかかってしまい、

家の駐車場に車をとめながら、娘の姿は通学路に見えないので、

まだ帰ってきていないんだなあと、安心しつつ、

玄関へ。


あれ、カギ開いているし、娘の靴がある:roll:


しかも、浴室からシャワーの音が・・・。

あわてて、浴室へ行くと、

かわいいおしりにシャワーをあてながら、

ふりふりと洗っている娘のすがた。



私「どうしたの?○○ちゃん!」


娘「あ、パパ。お帰り。:-P

  あのね、学校から帰ってくる途中でね、我慢しようと思ったんだけど、

  あのね、信号のない横断歩道を過ぎたところに、藤の花があるでしょ。

  そこを通っているときにね、う●ち出ちゃったの。

  でね、今ね、トイレに行って、パンツ脱いで、そのあとでね、おしり洗ってるの:!!::heart:



通学路の途中で、


帰ってきたら、誰もいなくて、


トイレで悪戦苦闘して、


旧式のシャワーの使い方もよくわからないはずなのに、



泣かずに、「パパ、お帰り!」だって。


横断歩道や、藤の花やら、状況説明完璧で、


こんなにいろんなことができるようになった娘に、拍手。



この事件のあと、

娘は、一緒に小学校に行けるものと思って、仲よく遊んでもらっていた

新中1の近所のお姉ちゃん(通称;あっかー)とばったり再会。

抱っこや、ギューまでしてもらって

最後に「一年生がんばってね。」


娘曰く、「今日はいろいろあったよ。あっかーに会えてよかった。:**:

さあ、これからも、いろいろあって楽しませてね。




おしょう日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


小学校の運動会まで、あと1週間を切りました。


車での姉妹の会話

姉「○○が卒業したから、保育園行かなくなっちゃたなあ〜。」

妹「ええ〜、ネエネは、保育園行きたいの!?」

姉「たまにはね。」

妹「保育園行っている時、早く卒業して、一緒に小学校に行こうって、
  いつも言ってたじゃん!」

姉「うん。でも行かなくなると、遊びに行きたくなるよ。」

妹「(怒り気味に)じゃあ、小学校に○○が入学しない方が良かったの???」

姉「えええ、いやあ〜。そうじゃないけど。」

妹「だったら、そういうこと言わないで!:twisted:

どちらが、姉か妹かわかりません:hahaha:


そんなふたりは、仲良く今週も児童センターで週末過ごします。



おしょう日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年05月24日
ガッツの幸せ日記鮫

■やっとできた親孝行:**:(自分を赦す)

私は5月の連休に里帰りした時に、母親にやっとやっと言えた言葉があります。

それは

「お母ちゃんの子でよかったわ:**:」という言葉です!

母親に対しての感謝の気持ちはずーっとあったんですが言えませんでした。

:star1.0:私が生まれた時(?)も
:star0.5:18歳で実家を離れる時も
:star0.0:働き出した時も
:*o*:結婚した時も :ahhh:子どもを授かった時も
:[]両親が還暦を迎えた時も、=:[金婚式を迎えた時も

言えませんでした。
でも今回、やっといえました。

母は少し間をおいて(あ・り・が・と・う)と言ってくれました。

この歳になって。と思いますが。。。。

よかった、よかった、これからも私を生んでくれた両親には
素直に感謝の言葉を伝えます。

そして、
そんな自分自身を褒めたいですね:lol:
よかったね、ガッツさん!:**::**::**:

 



ガッツ日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年05月23日
育とうとする生き物だ

教育コーチの なおです

教育コーチングの「4つのトライアングル」の中に

「人は育とうとする生き物だ」という信念があります


塾生や我が子…子ども達
この信念を持って接すると

ムカッ となることが減り
"この子の成長を邪魔するものは何?"
"何があったのかなぁ?"
"本当はどうなりたいのかなぁ?"



こんな感じになりました。





先日、ちゃぶ台返ししたいくらい ご立腹:evil:
(私が正しいとは限らない)
の場面があったのですが

次の瞬間
"何があったのかなぁ?"
"本当はどうしたいのかなぁ?"
って相手を観察してる自分を発見8-|

大人、私より年配の方に対しても
「人は育とうとする生き物だ」って観てる:**:




大人も育とうとする生き物だ:heart:


私も育とうとする生き物だ:!!:




なお日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

教育コーチのなみぞうです。

待ち遠しかった京都での『親力』向上セミナー


今日が5月コースの初日でした。

朝早くから出発して香川からお越しくださったママ。

前回受講されて、気持ちの変化があったことで
もう1回受講してみたいとお越しくださったママ。

本を読んでずっと来たいと思っていて、ついに参加となったママ。

本やWEB講座ではつかみきれない、
体験したらつかめると思ってと参加してくださったママ。

5〜6年前に初めて参加されてから、
久しぶりにリピート参加くださったママ。




自分のことを聞いてもらったり、笑ったり、時に涙したり・・・。

途中の休憩では、
「初対面とは思えない〜」「ずっと前から知ってる感じ」
と皆さん仲良し音譜



さらに、

頭じゃなくてハートと身体でつかもうとされているから
探究がどんどん進んで面白い!!!


  null  



前も聞いた内容にも関わらず、新たな気づきが生まれます。

やったことがあるワークでも、やってみたら新たな気づきが生まれます。


    

聞かないワークでの気付きや自己観察もどんどん出てきます。



とにかくキュートな皆さんです:heart:


    


お帰りも笑顔で元気にお家に向かわれました。


さあ、今晩から動きがありますよ!!!

何が起こっても、だいじょうぶ!

皆さんがつかんだ「信頼」で関わり続けるだけ。



6月も待ってますねラブラブ











なみ日記 | コメント(2) | 前へ 1 次へ

2015年05月21日
「カガミ」と言えば

 皆さま、おはようございます。公立高校にて吹奏楽部の顧問をしている教育コーチのいっすぅぃ〜です。先週の金・土は、浜松にて開催されていた『日本吹奏楽指導者クリニック(ジャパンバンドクリニック)』に参加していました。

 この会は、吹奏楽に携わる者にとっての学習の場、初心者から上級者に至るまで、数々の講座が設けられています。また、日本トップの、時には世界に名だたる個人の/ソロの演奏を聴くことが出来ます。
 というわけで、日本中の吹奏楽関係者が集まり、あちこちで再会の喜びが飛び交い、飲み会も朝方まで続く、というものです:ase:

 さて、私が参加した土曜日の『リトミック講座〜緒方まゆみ先生』でのことです。
グループになり、ピアノの音に合わせて、色んな拍子・リズムの取り方などをやりました。それは、もう、わぁわぁきゃあきゃあ言いながら。講座担当の緒方先生の(それ持ちネタでしょ)と思わせる笑いをたくさん含んだ進行で、みるみるうちに上達:!!:
 上半身の動きとステップが違い、それをまたコロコロと入れ替える、というゴールまでたどり着きました。

 そして、ソルフェージュ(歌)。身体を動かしながらのもので、相手とのタイミングを取るのも重要。そう、コミュニケーション能力が問われるなぁ〜:wink:って。何度も相手を替えるものだから、この人相手をみてない、この人とは楽しくお付き合いできそうやわ、なんて思いながら進めていました。

 「さぁ〜、少し、腰を下ろしてください〜」というところで私が座ったのは最前列の中央斜めあたり。
 「さて、最後に2つほど楽しいことをしておしまいにしま〜す」「最初がこれ」
 「前の男の方、こちらへ来てください」 私8-| 
  〜そのちょっと前から、緒方先生と何だかよく目が合うなぁ〜なんて感じていたのですが〜

 では、私の鏡になってくださ〜い。  はい、手をあげていきま〜す。
 お、お上手ですねぇ〜。 
 先生は今、左手をあげましたねぇ〜。生徒だとこうはいかないかもしれません。
 先生、右手をあげてくださいね。 生徒だとこ〜う(と右手をあげて)。

 :!!:皆さまは、お気づきですね。 そう、スーパーペーシング8-) 
 その後のもっと動いていきますねぇ〜、は〜い、は〜い、にも、もちろん。
 表情も。 ばっちり:heart:

 まんまと、講座DVDに収まりました、とさ。


いっすぅぃ・日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

2015年05月19日
トレーナー

こんにちは。

教育コーチのうみです。

先週からトレー二ングを始めました!(^^)!

本当に運動不足で、もういい加減・・・と思い

一念発起し(笑)

お題のトレーナーは私ではなく、

私のトレーニング指導をしてくれる愛ちゃんトレーナーです。

普段、塾で先生としてお仕事していますが、

時にはこうやって生徒の気分を楽しむのもいいですね。



どうしてトレーニングを始めようと思ったのかとか、

仕事のこととか、

教育コーチングのこととか、

いろいろと興味・関心を持って聞いてくれるので

最後のランニングタイムは嬉しくてたくさんおしゃべりしちゃいました♪

笑顔でハードなことを要求してくるので、

最後は少し息が上がっておしゃべりもきつかったな(笑)



生徒の気持ちを体験できたこと、

興味関心を持ってくれる聞いてもらえると

こんなに嬉しく、心地いいんだと再確認できたこと、

子どもも大人も同じですね!


身体は少し痛いけど、夕方子どもたちが来るのが

いつも以上に楽しみなうみでした(*^^)v


うみ日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ

ブログ読者のみなさん

教育コーチのGです。
5月16日と17日の二日間にわたって
神楽坂の日本青少年育成協会本部で
中級教育コーチ養成講座を開催しました。


【神楽坂通りでは神楽坂フェスタ(お祭り)開催中でした】


中級教育コーチ養成講座では
主として直感からのフィードバックや体感コーチングを学びます。



【おしくらまんじゅうをやっているわけではありません】


教育コーチとしての確固たるあり方と信念のもと
様々な手法を身につけていきます。

null
【逆光になりました】


講座の最後の集合写真です。
null


あ、間違えた=:[
こっちでした。
null


みねG日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

超介です。

表題は ジェリー・ミンチントン著(DISCOVER21)の本の名前です。魅力的な表現にそそられて購入しました。心に響く言葉を沢山見つけました。目下の僕のバイブルです。時々読み返すと、気持ちが整理されるようです。

各章のまとめのようなフレーズを20ほども抜き出し、j.スクールの室内に張り出しました。機会があれば塾生にも、その保護者にもみてほしいと思ったからです。

その中から

  「 許すことは、あなたの過去と未来を結ぶ橋です。
    それを渡ったとき
    あなたには、明るい未来が開かれます。」

どこかで、私には「許していない」ことがあるかもしれない、と感じました。

  「 「自分が正しい」という考えを守ることと、その人との関係を取り戻すこと、
     どちらが大切ですか?どちらがあなたの人生に喜びをもたらしますか? 」

正しいことにこだわってしまった自分がいます。関係を取り戻すなど考えてもいなかったのです。

  「  チャンスとは何でしょう?簡単に言うと、まだ満たされていないニーズのこ
とです。 」

いたるところにチャンスがあっただろうに、あるいはあるだろうに、それが見えていない自分がいるように思えます。

可能性がいっぱい!!

興味のある人は読んでみてください。



超介(長介)日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ

2015年05月18日
体験セミナーin酒田

こんにちは。
山形のね↑@高山です。
この春、E-Sta.庄内 さかた教育コーチング研究会を立ち上げました。

そして、先週末5月16日(土)
初の「体験セミナー」を開催しました。
今回は酒田市の教育後援を得て
いつもよりいろんなところにポスターを掲示していただき、
初めての方からの問い合わせもいただいての開催でした。

当日キャンセルの方がいらっしゃって、:ahhh:
さみしい開催となりましたが

終了後、受講者の方から
「親力向上セミナーを受けたい」
との嬉しい申し出。:heart:

やった〜〜!!
Gさんが
「迷ったらわくわくするほうを選ぶ」
って言ってたのを思い出しました。

来月6月13日(土)
また「体験セミナー」を開催する予定です。
お近くの方、どうぞどうぞお越しくださいませ。:lol:
体験セミナー資料


ね↑日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ

超介です。

「失敗しちゃった!」というお話です。

コーチングをするって、習い始めの頃はちょっと照れ臭いので、いきなり(でも表面的にはなんでもない風に装って)始めることが多かったです。それである日塾に来てくれた小学生に、

  私 : 『今日は、どんな気持ちなんかな〜。』

など聞きますが、

小学生 : 『べつに………』

と、語尾あげて、そっけなくあっち向いてお返事。『べつに…』っ
て、「これどうやって承認するんだろ」と心中思いながら、それでは「これでどう
                           だ」と。


私   : 『今日はどんなことをやりたいかな〜?』
小学生 : 『なんにもしたくない。』

「うう、やっぱりね。そうくると思ったよ」とこれではどうだ!

私   : 『もし、勉強がよくできて、テストで良い点取れたら、
どんな気持ちだろうね〜?』

と、ややコントロール気味か、と思いつつ頑張ります。

小学生 : 『………さあ…ね〜』

と、だめやな、この子乗ってこない、コーチングは万全でないね。

私 : 『そうか、わかった。じゃ勉強始めようか。』

と、コーチング戦線から離脱。

このような経験をして、うまくいかないなあ、やっぱり言葉を知らない小学生には無理?中高年(50代のおじさんである私)と小学生ではそもそもコミュニケーションは無理、など考えたりしてました。
でも、同じ子でも、こんな時もありました。数日前に、ご不幸があってそれでも塾に来てくれ、それを『あ〜あ、…ちゃんが死んで忙しかったわ。』というのです。それを知らなかった私はびっくりしました。この後、彼は気持ちをぼつぼつと語ってくれ、そして私の言葉にも耳を傾けてくれました。
少し不謹慎な例をあげてしまいましたが、私が学ぶべきことは『何を、どのように扱うか』の大切さでした。
そのために私ができること、その一つが事前同意(あるいは契約)です。話をするための準備です。振り返ってみると、対話がうまく進む時、それは事前になんとなく予感できませんか?それを意識して作ります。(ってことを先月末のコーチングカレッジで教えていただきました。) クライアントが子供でも、大人でも同じです。さらに、そのために(クライアントと)「一緒にいる」ってとても大切なんです。
皆さんはクライアントと「一緒にいる」ためにどんな工夫、努力をしますか?






超介(長介)日記 | コメント(7) | 前へ 1 次へ

2015年05月11日
変身

 皆さま、おはようございます。 2児の父、教育コーチングのいっすぅぃ〜です。

 子どもって、知らぬ間に成長、ってあることですね。 うちの子ども達も、知らぬ間にぐんと大きくなっていたり、走るのが速くなっていたり、ピアノが上手になっていたり、大人のように新聞を読んでいたり。。。 出来るだけたっくさんを知りたい、と思うのが親心というものでしょうか。

 さて、今回はコレ。 何に見えますか?
 

 誰がどう見たってF1carでしょ8-)

 それが、元を質すと、「クレーン車」。 どっからこうなってくるの??というのが本音です。 
欲しいと欲すれば、あるものから何とかする:**: 人間って素晴らしいです。
『世界最速のインディアン』という映画を観たことがあるのですが、それを思い出しました。

 と思っていたら、もっとこだわりがあって改良したようです。
 

 素晴らしい:heart:
 


いっすぅぃ・日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

2015年05月10日
Namiさんへ

そら@内藤です。

はすの花。

 極楽の池に咲いているとすれば
 やはり、この花しかないかもしれない。

極楽なのか天国なのか
それはわからないけど、

Namiさんへ感謝の気持ちを込めて。

  











 
 
 


そら日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

教育コーチのおしょうさんです。


鈴木家ではあるジンクスがあります。


野球応援に行ったとき、


娘たちが起きている限り、わがベイスターズは勝利する。


娘のどちらかでも寝ると、


対戦相手に点を入れられます。


ゴールデンウィークに


下の娘は、お昼寝タイムのデーゲームにかかわらず、


がんばって応援し続けて、


4−3で勝利しました。


今年は、本当に強いベイスターズ。


娘の応援も合わせて、

いいシーズンになりますように。:**::**::**:


おしょう日記 | コメント(3) | 前へ 1 次へ

2015年05月10日
スムースな滑り出し

超介です。

7,8年前のこと、コーチングを少し習って、それを多くの社員の前で伝えるべく話した時のことです。多くの社員の前で話をすること、最初、それは私にとって苦痛な時間でした。でも、緊張を解くコーチングの方法があることを知って、冒頭でコーチングをしてもらいました。
舞台は200人ほどの職員の前、もう一人のコーチがその200人を前にして私に質問、傾聴、そして承認してくれます。

コーチ 『今どんな気持ちですか?』 (質問)
私 『とても緊張して、ドキドキです。上手く説明できるか不安なので。』
コーチ 『そうなんだ、とても緊張してるんですね。』 (傾聴、承認)
『それで、どうしたいですか』(質問)
私 『ええ、みんなにコーチングの素晴らしさ、楽しさを伝えたいのです。』
コーチ 『そうなんだ、伝えたいんだ。』(傾聴、承認)
私 『私が経験して知ったコーチングは……』

この間、わずか1分程度です。その後私は、緊張が取れてスムーズに話せました。たったこれだけですが、絶大な効果があります。 体験すると実感できます。コーチングはクライアント体験してみると本当に効果がよくわかるのです。これがクリアリングです。
クリアリングは、色々な場面で応用できます。子供にも、大人にも、少し慣れると自分自身にも使えます。スポーツ、勉強、イベント体験時とかの何かに挑戦したり、始める時に応用できます。
最初の躊躇を手放すお手伝いができるのです。そしてクライアントが行動できれば、さらに次が見えて進めます。行動の繰り返し、小さな成功体験の積み重ねが自信になって、人の成長に寄与していきます。




超介(長介)日記 | コメント(6) | 前へ 1 次へ

2015年05月09日
ガッツの幸せ日記鮫

■わが母校〜こころの洗濯〜

GWに実家に帰った時に母校巡りをしてきました。
心の洗濯ができました。

わがふるさとは日本の小京都「出石」です。

null

こころの洗濯スタート!
まずは小学校です。
弘道小学校
(1969年4月〜1975年3月在籍)
null
6年B組 名札の色は「赤」
よく遊んだ遊びは「ドロボウとケイサツ」
日米対抗ローラーゲームの「東京ボンバース」を真似てローラースケートが流行りました。
「口裂け女」や「仮面ライダースナック」は社会問題になったよね。
コックリさんも大流行! 
・・・いい時代でしたね。

そして中学は出石中学校
(1975年4月〜1978年3月在籍)
null
男女交際大流行、おかげで実家の「おしゃれショップ松田店」も大盛況。
キティちゃんグッツもよく売れました。
それに運動会・文化祭の定番、フォークダンスも大流行!
オクラフォマミキサー、マイムマイム、コロプチカ・・・みんなテレながら楽しんでましたね。ワクワク・・・
そして事件と言えば「青酸入りコーラ」事件が衝撃でしたね。三年生を送る会で使った覚えがあります。
また、ラジカセもこの頃でてきました。ベイシティ・ローラーズもよく聞いたな。
・・・いい時代でしたね。

そしてそして高校は県立豊岡高等学校
(1978年4月〜1981年3月在籍)
null
修学旅行の長崎の宿舎で西條秀樹の「YMCA」を450人で踊りまくったな。
体育祭の打ち上げがバレテクラス全員が謹慎になりかけたってこともありました。
でも、やはり我々の高校時代はインベーダーゲームとルービックキューブですね。
そしてアイドルと言えばたの きんトリオに聖子ちゃん、明菜ちゃんでした。
・・・いい時代でしたね。

みなさんもあの頃を思い返して心の洗濯をしてみませんか?

■追伸
最近は田舎でも郊外では「こうのとり」を見かけるようになりました。
null
・・・いい時代だね。



ガッツ日記 | コメント(6) | 前へ 1 次へ

2015年05月08日
Namiさん

Namiさん。

最初は得体が知れず、怖かった。
何を言うてはるのか、意味不明だった。

僕のウソも、ごまかしも、虚飾も、正当化も、策略も
すべてお見通しだった。
そして許してくれた。
何でも聴いてくれた。

事実を事実として見ること
抵抗せず、そのままにすること
Beingに生きること
一緒に居ること
選択すること
自分を許すこと
・・・みんなNamiさんが教えてくれた。
コーチングの方法ではなく、
コーチとしての、人としての根っこをいただいた。

「小山さん、あなたは大きい人」
「小山さん、あなたの人生のテーマ、わかる?……あ・い」
「小山さん、今、何をごまかしたの?」

耳によみがえるNamiさんの声。

これを一生聴き続けて生きていこう。
Namiさんからもらった永遠の宿題だ。

Namiさんはきっと、
80余年付き合った肉体に感謝し、
「OK!サヨナラ」って魂だけになったと思う。

今ごろ虚空を飛び回って「Wow!素晴らし〜」って
はしゃいでいるはず。

そして、これからず〜っと、
地上にいる私たちを見守り、愛し続けてくれるはず。


Namiさんは愛そのものだった。
社会に、たくさんの人の頭と心にお土産と宿題を遺して
去って行ったNamiさん。


Namiさん、サヨナラ:)
また、いつか!

null


たびし日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2015年05月07日
ジグソーパズル

教育コーチのりんです。

夏のような暑い日が続いています。
みなさん、お元気にお過ごしですか?

今年のGWは、次男の高熱にはじまり・・・
お咳コンコン。風邪でした。
そのおかげで、家でゆっくりと過ごしました。

久しぶりに家族4人で
ジグソーパズルもしました!


「外枠はぼくが作るから、まっすぐのピースは
僕のところに回してね」と次男がはりきり、
長男が黙々とサポート。

「1つ外枠のピースがない〜」と焦る次男に
「はい。箱の中に、残ってたよ」と冷静に渡す長男。
受け取る次男の顔が、嬉しいけど、
お礼なんて言わないぞ〜と頑張ってる感じ。



思いがけず、楽しい時間を過ごすことができました。


長男は、この日、友人から遊びの誘いを受けていたようですが、
「家族サービスするからいけない」と断っていたみたいです8-|
ありがとうね:heart:


凛(りん)日記 | コメント(4) | 前へ 1 次へ

2015年05月04日
たんぽぽのちえ

そら@内藤です。

 「たんぽぽのちえ」って
 小学校の教科書にありました。

 綿毛を遠くまで飛ばすために
 軸を高く高く持ち上げるんですよね。

 一生懸命なたんぽぽが
 ここにも、たくさん見られました。


 



  



  


そら日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ

超介です。

僕はテニスをやったことはないのです。

でも、中学生がはしってラケットを振って
ボールを打ち返しているのは楽しいんだろうな、と
思っていました。

それで、授業の合間のちょっとした時に
テニス部の中学生に話を振ります。

『テニスをやって面白く感じるのはどんな時なの?』
『相手のコートの隅、ラインぎりぎりにボールが決まった時です。』
『へえ〜。そうなんだ。じゃあそういうボールを決めるためにはどうするの?』
『ボールが自分のコートに落ちて跳ね上がったなるべく直後に打つのです。
相手が反応できないようにね。』
『なるほどね。それで、そういう風にするためにはどうするの?』
『相手のラケットの動き、体の向きに注目して、予測するのです。』
『ほう…そうなんだ。予測して反応するんだ。そのためには練習はどんなこと
に注意してい るの?』
『まず、走り込んで…』
『ふーん、よく考えているね〜。それで…』
『…』

彼は時には考え込みながら、話してくれます。このようなやりとりを色々な機会にしたいです。それは人が自分の心やら、頭と向き合いながら話をすると、動機づけられ、能動的な行動が出て来ると思うからです。教えない、どちらかといえば教えてもらうのです。



超介(長介)日記 | コメント(6) | 前へ 1 次へ

2015年05月03日
わさびの花

そら@内藤です。

連休2日目になりました。
 今日もさわやかな朝。
 信州はよく晴れています。
 暑くなるかなぁ。

昨日は、畑にトマトやキュウリやナスなどの苗を植えました。
自分たちで食べるだけなので2・3本ずつだけです。
楽しみ。

でも、雑草は元気ですから、
どこまで手を入れられるかがポイントですね。

近くの清水に咲いていた「わさびの花」です。
初夏の花です。

  





そら日記 | コメント(5) | 前へ 1 次へ