激痛・手術・回復 で学んだこと

胆のう結石、胆嚢炎のため手術を受けました。のたうちまわる痛みをこれほど長時間覚えたことはありませんでした。深夜12時頃から翌日11時頃まで腹痛で約11時間、一睡もできず苦しみました。原因が判明し、痛みが起こってから40時間後に手術を受けました。術後4日後には仕事に戻れました。人差し指の先ほどの石が4つほど出てきました。

この5日間は濃い時間でした。退院できた時、心からすべての人に感謝をしました。人生に対する姿勢が変わりました。お世話になった愛媛県立中央病院(救命センター5階に5日間入院していました)の医師、看護師さんには本当に、本当によくしていただきました。痛みと不自由さで苦しむ患者へのcareの中にプロとしての知識と行動力、人としての明るさ、誠実さを体験、あるいは見聞きし感動しました。

そのような、医療従事者の皆さんと、高度にIT化された施設に支えられて、術後の身体の回復力を食事毎に実感していきました。手術後、最初の食事は翌日の昼食でしたが、二口程度食すると身体が発熱し始め半分程度しか食べられませんでした。が、一食毎に回復し、3食目からはおいしく完食できました。

病院には書籍数冊と音楽やら講演の音声ファイルが入ったデジタルレコーダーを持ち込み、昼間は本で気を紛らわせました。チャンスととらえて、普段読みにくい理論書を持ち込みました。2冊は読めましたが、想定ほどは進みませんでした。消灯後はイヤホンで音楽(モーツアルトと川中美幸と高橋真梨子とフォークソング)と講演(セルフカウンセリングの)を聴いて眠れぬ夜を過ごしました。

ある心理学者の「己を成長させるためではなく、他者を操作するために自らの力を使うすべての人を私は神経症と呼ぶ」という言葉がピーンと響きました。

いつの間にか神経症的になっている自分を振り返らせてくれる言葉、私がどこにいるのかをある方向から教えてくれる言葉だからです。同時に自らの力を他者との関わり合いの中でいかに使うか、その見本を今回の入院中に、医療従事者の方たちの中に見出しえたと思うのです。

その2つのことが、退院後、私の人生に対する見方を変えたのです。(きっと)

“激痛・手術・回復 で学んだこと” への5件のフィードバック

  1. キヨシです。
    無事に退院されて良かったですね。
    病気もそうですが、普段と違うことがあると、
    普段の当たり前のようなことが、とても感謝
    すべきことになりますね。

  2. どんです。
    超介さんに久しぶりにあえたようで
    嬉しかったです。
    ホッとしました。
    また是非、幼稚園にいらして下さい!
    園児に囲まれてパワーアップできますよ!!

  3. 日の出です
    無事退院、術後の経過も良好そうでなによりです。
    まずは無理せず、お大事になさってください。

  4. 超介です。
    皆さん、ありがとうございます。
    22日に退院後、もう1週間が経ちました。
    ほぼ100%回復したかと、お酒はまだ飲めませんが・・・。
    ほんと、胆石は痛いのです。

  5. 退院おめでとうございます
    しばらくぶりです
    苦しかったのですね
    読んでいて 
    何より腹痛の苦しさが嫌いな私にとって
    我がことのように感じました
    お元気になられてよかったです
    養生してくださいね
    いいきっかけを与えてもらった
    そんな感じが伝わってきました
    私にも大切にしなさいと
    言っていただいている
    そんな風にも伝わってきました
    ありがとうございます
     
    おだいじに
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です