そのままでいい

先日 夫の母が 92年の人生の 幕を降ろしました

亡くなる というより 次への旅立ち 

五月晴れの清々しい空の下 見送りました

色々な思い出がありますが 忘れられない ひとコマ 

認知症の初期(あの頃は痴呆と言っていました)

眉間にしわを寄せて
 
 「あんなぁ・   この頃  アカンねん  
  なんでも 忘れてもうて
  思い出せへんねん・・・・       アホになってもうたんかな 」

 「おかあちゃん  それなぁ  アホちゃうねん  ボケやで  ええかぁ  ボケやでぇ  
 
  そやさかい 心配せんかて ええねん      アホちゃうねん  ボケや 」

 「さよかぁ  ボケ やねんな     アホ ちゃうねんな    ほな 安心したわぁ 」

霧が晴れるように 安堵の笑顔に変わりました 

“そのままでいい” への2件のフィードバック

  1. キヨシです。
    1つの言葉で、その人がホッとしたり、
    とてつもなく落ち込んだり・・・。
    言葉は大切ですね。

  2. 「そやさかい 心配せんかて ええねん」
    どのような気持ちから、相手に言葉を届けるか。
    言葉に乗せた なおさんの心が
    お義母様に安心をもたらされたのでしょうね。
    なおさんのお義母様のご冥福をお祈り申しあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です