宝石に変わる

超介です。

EA17EC4A-87C7-467A-B31E-452319CD9F8A

始める時には、義務感やら目的感から「やらねばならぬ、やるしかない」と始めた行為が、一定の期間それが継続できると、時に急に効果が上がり始める。それで効果ありとして、目的を達成してなくても途中でやめるのも良い。

時には、他の事情で継続が困難な時もありうる。その時、振り返ればはじめは「やらねばならぬ、やるしかない」と始めた自分の気持ちが「やりたい」に変わっていることに気がつく。

それは炭素が高温高圧下でダイヤモンドに変わる様に、美しく変化し宝物になるのと似ている。

その時のことを「心の発火点」と命名し、運営している塾の理念にした。

一流と呼ばれている人たちはそのことがよくわかっていて、それをそれぞれの言葉で残している。エジソンは電球のフィラメントの素材を発見するのに数えきれぬ試行をしたが、それは失意の繰り返しではない、としている。

その変化は誰かにコントロールされることではない。自分で行動し気がついていくことである。自立がベースになっている。

“宝石に変わる” への1件のフィードバック

  1. キヨシです。

    私もこの仕事をしていて、
    良き指導者は学びの心に火をつける
    とよく聞きます。

    自ら行動できることを頭において。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です