思い込みのあやうさ

超介です。

あの人はあのような人であると、肯定的にしろ、否定的にしろ思い込んでしまうことは人間観として正しくはありません。

正しくはないのですが、そのような思い込みで人を見てしまう弱さを私たちは持ちやすいようです。そう思った方が理解しやすく、何かの説明をしたり、時には自分の行動を正当化しやすいからです。

特に自分の近くにいる人ほどそのような目で見てしまい、時には関係をうまく作れないことがあります。ありのままの事実を承認することのなんと難しいことか。そのようにできない自分の中に潜んでいるものは何か?

事実を承認して、そして何ができるかを考えて行動できる人でありたいと思います。

86B87272-7E50-4357-B0EE-B698B43A164E

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です