自分が何とかしなきゃ・・

埼玉の教育コーチGao!です。

私はどちらかと言うと、責任感の強い方だと自分では思います。そしてそれが長所でもあり、短所でもあると感じています。

時おり、「自分が何とかしなきゃ・・」モードに陥ります。相手が窮地に追い込まれている時、相手のマイナス面が見えて、このままではマズいと判断や不安が湧いた時、自分が親だから、先生だから、リーダーだから何とかしなくちゃとプレッシャーを感じた時、この「自分が何とかしなきゃ・・」モードが発動します。。

そのモードにある時は、一生懸命過ぎて自分の姿が客観的に見えなくなっています。

苦しいです。自分が苦しいだけでなく、相手も苦しめているようです。

たぶん相手を変えようとして「させる」かかわりをしているんだろうと思います。

最近、仕事の上で、また自分の子どもとの関係で、そんな自分を観察しました。

相手のためにしてあげたいという愛情からしているのですが、これは相手を思っているようで、実は信頼していないからしているとも言えます。

相手が力を持っていないと思うから、自分が力を貸さなくちゃと思う。

本当に相手を信頼していたら、力を持っていると信じられていたら、その必要はないはずです。

それに、本来その問題は、私の問題ではなく、相手の問題。

相手が一番の専門家のはず。

以前は、コーチング・セッションをしている時に、こんな自分がよく出ました。

解決策をつい自分が考えてしまう。答えは相手が持っている(「人は自分の中に答えを持っている」)のに。。

「自分が何とかしようと思わなくていいんじゃない・・」

そんな言葉が自分から出てきたら、ふっと力が抜けました。

「そうそう・・焦って答えを出さなくてもいい」

「相手の中に答えがあるし、力もある。私は、それに興味を持って、聴けばいいだけ・・」

判断を手放し、興味から問いかけると、自分もワクワク、相手もワクワク・・ふと気づくと場が盛り上がっていて笑顔があったり、自分自身も自由に楽しんでいる・・そんな時間が生まれていました。

相手への興味がコーチングの始まりと改めて実感しました。

「何とかしなくちゃ」と立ち回ることが徒労ばかりか、相手を追い詰めていたことに気づき、無力な自分を感じました。

そんな嫌な自分もちゃんと見ました。

悲しみも、虚しさも、がっかり感もたっぷり味わいました。

「そんな自分を許します。」

無力な自分だとしても、できることはある。

相手を信じて見守ること

相手には力があるのを信じること

相手を丸ごと愛すること

相手のありのままを認めること

「させる」を手放して、「育とうとする生き物」として相手を見ること

自分への信頼が高まってきました。

相手への信頼、もっともっと高めていくことが、今の自分の課題だなと思います。

 

“自分が何とかしなきゃ・・” への2件のフィードバック

  1. キヨシです。

    相手への信頼。
    そこから関わりも変わりますね。

    責任感が強い。
    結果がないと不安。

    どちらも自分の姿ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です