一人だけの修学旅行

梅雨入りが発表された。
熱海も雨。

先日、雲一つない晴天の日に当フリースクールの修学旅行を実施した。
参加者は一人。担任と行く映画「バケモノの子」のロケ地をめぐる渋谷日帰りツアーだ。

まずは田舎の小学6年生には衝撃的すぎるガード下からのスタート。
リアルなホームレスの人たちを見て、驚きが隠せない様子。

次に、スクランブル交差点。
お母さんに「田舎の人が行くと失神する」と言われたと心配していたが、平日の午前中ということもあり、無事にクリア。

安心したのも束の間、渋谷センター街に入った頃には、「空気が悪い」と言い、落書きだらけの路地で持参したアメをなめて休憩した。

卵料理の店で昼食にして、代々木第一体育館、明治神宮の鳥居を見て、原宿に到着。
修学旅行の学生らしき人が大勢いる竹下通りに入った。テレビで見たラジカセおばさんがいた。
10mおきに客引きをする黒人に圧倒され、「おれ、ここは無理みたい」と足早に通り抜けた。
「ラフォーレ原宿」でトイレを借りて、表参道を青山方面へ。

青山学院の裏を通って渋谷図書館に行き、最後のロケ地である氷川神社に着いた時には16000歩以上歩いていた。

目の前でバスに乗り遅れるという悲劇があったものの、よくもまあこんなに歩いてくれたものだと思った。

神社でお参りし、おみくじをひいた。「中吉」だった。
家から持ってきた水筒の水をいっきに飲んだ。

20160607-IMG_0366.JPG

この思い出はたぶん一生忘れないでいてくれると思う。

“一人だけの修学旅行” への4件のフィードバック

  1. 10年後に同じ場所で何を感じるのでしょうか…
    彼の10年後に会ってみたいなぁ〜:heart:

  2. キヨシです。
    一生の思い出に残るものに
    なったことでしょう。
    本人の感想も聞きたいですね。

  3. コメントありがとうございました。本人はとても喜んでいろんな人に話しているようです。また、このような機会を卒業時に作ろうと思います。

  4. バンブーさん
    修学旅行お疲れ様でした。
    小学生6年生の彼の背中姿の写真から
    思い出した 幼い時の自分
    渋谷は 24時間眠らない街
    私の母の実家が道玄坂でした。
    小学生の頃 祖父母に会いにいくには
    慣れないセンター街を人混みの中
    母に手を引っ張られながら
    ひたすら前を向いて歩いていた私。
    人も街も怖かったんだと思います。
    今も
    あの雑踏に慣れることのない自分。
    それでも なぜか懐かしさは 強く
    残っています。
    彼の将来を バンブーさんの愛で
    いつまでも 見守り続けてくださいね。
    ネネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です