羅針盤をカチンと合わせる

超介です。

感動して、胸を打ち震わせているときが充実感を感じるとき。そのような自分であるときを大切にする。

自分の価値観を示すその心の針に羅針盤の北をカチンとあわせるのだ。これで、もう迷わない。

僕は、人生の充実感を得るためには遠い目標を決めてそれに向かうことが必要であると思っていた。それで進んできて、いつの間にか、義務感やら責任感等を背負って生きているようになった。そう思う。

そして迷って、疲れてしまう。エネルギーが生まれてこない生き方になったようだ。

だから、これからは、もっと生身の自分が感じていることを大切にしようとおもう。

たとえば、季節毎に咲く花に感動する自分がいる、その自分の感性を大切にするのだ。これを掘り下げていく。そうすると磨かれてくるものが出てくるはずだ。そこにカチンと羅針盤の北をあわせる。

これでもう迷わない、疲れない。

子どもが変わる。ある日突然に子どもが熱中して学び始める。学ぶことに集中し始める。何が変わったか?子どもの中で何が変わったのか?そのことに充実感を覚え始めたに違いない。

充実感を支えているのが価値観である。僕が大切にするもの、しないといけないもの。充実感はそれをほのめかしてくれている。そこを掘り返せば価値観の座標軸が現れてくる。その軸のプラス方向に羅針盤の北をカチンと合わせる。

さらに、クライアントと共に彼(彼女)の中の「大切なこと=価値観」を掘り起こし、生きるエネルギーを強化できるコーチでありたいと思っている。

“羅針盤をカチンと合わせる” への4件のフィードバック

  1. 超介さんへ
    感性って大事ですよね。
    年々磨かれていくものもあれば、
    年々薄れていくように感じるものもあります。
    できると思って、信じることが大事なのかなと思います。

  2. キヨシさんへ
    いつも的確なコメントありがとうございます。
    うれしいです。
    何か一つできたり、わかったりしたときの感動
    を重ねていくと磨かれていくと思っています。
    そのためには、日常の行動をきちんと意識して
    やること。
    そうすれば、いつまでもみずみずしい感性がもて
    ると思います。

  3. 羅針盤の北をカチンと合わせる・・・素敵ですね。
    人間はサーボメカニズム搭載型生物です。
    カチンと合わせる・・・超介さんのサーボメカニズムが
    機能しますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です