ミス・ユニバース最終選考会in大阪

そらねこです:chin:

4月1日、大阪国際会議場で行われた、
ミス・ユニバース最終選考会のチケットが取れたと、
友達が誘ってくれて、
見に行ってきました:heart:

会場に入って、ランウェイを見た瞬間から、
身震いするような感動。

ファイナリストのお一人ひとりが、
これまでに、どれだけ悩んで苦しんで、
この舞台に立ち、ランウェイを歩くのか思うと、
もうそれだけでウルウル。

23名のファイナリストのみなさんは、みんな美しい執者です:**:

「自分の思いを体と心で表現する。」

いくら感謝の気持ちを持っていても、
言葉と表情で表現して伝えていかないと、
人には伝わりません。

伝え方は、どんな方法でも、どんな伝え方でもいいんです。

ただ、自分に正直である事、自然体で表現する事が、
一番美しいと思いました。

最終選考の5名に選ばれた方は、
もう、どなたがなってもおかしくない程のレベルでした。

その中で、
宮城代表、仙台出身の原綾子さんが選ばれたのですが、

この選考会が始まる前から、
彼女の思いは、世界で東北の震災の事を伝える事でした。

そして、その場で質疑応答の審査でも、
卒ない答えというより、
会場を笑いに巻き込んだ、彼女らしい答えでした。

ミス・ユニバースは、高嶺の花の別世界…
という感じではなく、

とっても人間らしくて。

美でも、体力でも、何でもいいから、自分の得意なことで自分を表現して、
誰だって、なりたい自分になれる。
そんな身近なものに感じていました。

私も、5日の中学の入学式で、
舞台の上で来賓代表、PTA会長として祝辞をのべる時には、

マイクの前に立ったら、一回会場を見渡して、にっこり微笑んで、
祝辞をのべよう(笑)

だって今年、東京ではなく、大阪開催で、
たまたま見に行けたなんて、
きっと偶然ではなく、これからの私に生かしていくようにとの、
必然だったと思うし:mrgreen:

“ミス・ユニバース最終選考会in大阪” への1件のフィードバック

  1. キヨシです。
    伝え方は、どんな方法でも、どんな伝え方でもいい。
    ただ、自分に正直である事、自然体で表現する事が、
    一番美しい
    私も共感します。
    さぁ、次はご本人の祝辞の出番ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です