さあ、新学期です。

そら@内藤です。

赤穂中学校での1年間が終わります。

明日から、新年度が始まります。

新しい先生、新しい子どもたちとの出会いです。

楽しみと不安があります。

意味のある出会いにします。

 我が家の周りの咲く、オオイヌノフグリです。

  20150331-ooinunohuguri 4.jpg

ドアドン

こんにちは、あんみつです:wink:

京都は桜が咲き始め、
お花見や観光の方々でいっぱいです:heart:

やっぱり春の京都は良いです。
是非、おこしやす。

桜を見上げながら
沢山の人が笑顔になっている姿を見ると
三振続きの選手が
サヨナラ満塁ホームランを打って
みんなの心も体も元気にしてくれる
そんな様子と重なった。

そして〜

しょっちゅう、おでこに絆創膏を
貼っているSちゃん。

「おでこどうしたの?」
「あれもこれも気になって慌ててドアにぶつかった」って。

そうですか。
またですか。

この間もそう言って
おでこに絆創膏貼っていたじゃないですか。

私も・・
今年になって2回
「あれもこれも気になって慌ててドアにぶつかった」
壁ドンならぬドアドン!

Sちゃん、一緒に気を付けようね:ase:

おしょうさんの子育ち日記(3月その2)

教育コーチのおしょうさんです。

下の娘が昨日、3年1ヶ月通った保育園を卒園しました。

20150324-IMAG0070_1.jpg

保護者代表挨拶で、不覚?にも、涙ぐんでしまいました。

自分の書いた文面なのに。

さらに、園長先生も退職。

担任の先生も異動。

担任の先生が時間をかけて作成された、スライドを

最後卒園児、保護者全員で鑑賞しました。

先生の大好きな嵐の曲にのせて。

涙、涙、涙の卒園式でした。

主役の娘は、

名残惜しさを感じず、

「早く、おうちへ帰ろう☆」

上の娘と同じで、

「会えなくなるわけではないから・・・。」

親の方がさみしさをこらえきれない卒園でした。

さあ、つぎは入学式。

保護者代表挨拶またまたがんばります。

ガッツの幸せ日記??

■“自分”探し!:**:

ここ一週間でどれだけ涙がでただろうか、
人生、半世紀以上、生きてきて嬉しいことや楽しいこと
辛いこと、悲しいことは人並みには体験してきましたが、
涙を流した記憶は殆どありませんでした。

涙って、ひとつの事に“本気”で関わってきたらからこそ湧き出るもんですね。

そんな貴重な体験をプレゼントしてくれたのは「長男の受験」です。

結果は、第1志望高校(公立)に落ちました。

試験前日の夜、偶然に駅で長男の塾の先生とバッタリ会いました。
先生の顔を見るなり、今までの出来事が思い出され涙・涙で言葉になりませんでした。
恥ずかしさや躊躇いもなく涙を流しました。
そこから電車に乗って家に帰るまで涙が止まりませんでした。

泣こうとして泣いた訳ではなく無意識からの涙でした。

言葉を発っしたいけれど、言葉より先に涙がでで言葉になりません。

“素の自分自身” がはじめて正体を現したような気がしました。

くやしさやうれしさではなく、長年畜されてきた思いの結晶として
涙が噴出したよううに思います。

長男は発表当日の結果を電話で知らせてくれました。
受話器の向こうから一瞬間をおいてはっきりと「なかった」といいました。
そして、その夜息子から「父さん、これが事実よ・・・」と。。。
長男が一番悲しく辛いはずなのに、、、強くなったなと感激しました。

みなさんもご存知の通り、人生いろいろです。
事実はしっかりと受け止め、親子で大きく成長できたことに感謝します!

◆追伸
長男は第2志望の私立高校に進学します。
父ちゃんがんばって働かないと・・・・

お墓をデザイン

教育コーチの なおです

週末に友人のお墓参りに行ってきました

闘病の経過も知っていたし
葬儀にも参列したけど…
亡くなった事を受け入れたくないって
闘っていた自分を許しました
何と闘っていたのでしょう〜

そこは数年前に出来た墓園で
墓石のデザインや刻まれている文字も様々

ありがとう・愛・ずっといっしょ…

ちょっと不謹慎かな〜と思いつつ
見ず知らずの方々のお墓を見て回り
へぇ〜 8-| あっ :idea: これいいな:**:

自分用を空想すると:roll:
ウェディングドレスをデザインするのと同じ様な
ワクワク感 うふふ :heart:

魔法のことば

教育コーチのあるくです。

鎌倉では、

梅も終わりかけ。

地元品種の「玉縄桜」は、

ソメイヨシノよりもだいぶ早く、

満開を迎えています。

さてさて、最近の息子。

おしゃべりがとっても上手:hahaha:

「バスくるかな〜?」

「ゆうびんしゃ、ないね〜」

「たんくろーりー!」

と、もっぱら車に夢中。

私は、なつかしのポンキッキの「はたらくくるま」を

ヘビロテで毎日熱唱しております。(名曲!)

先日、保育園の帰り道。

縁石を指差して、

「じゃんぷして!」

見事にジャンプしてみせると、

なんども、なんども、

「マミィ、かんぺき!!」

とな。。。8-|

(愛息は私のことを「マミィ」と呼ぶ。キャア、恥ずかし:oops:

いったい、どこで覚えてきたのやら。

ちっともかんぺきじゃない自分を知っているつもり。

でも、

「かんぺきじゃなくてもかんぺきだよ」

って言われたみたいで、

すごーく元気が出た帰り道でした。

おしょうさんの子育ち日記(3月その1)

教育コーチのおしょうさんです。

上の娘が先日、10歳になりました。

初めての体験をと考えて、

ある高校の香道部顧問の先生にお願いして、

午前中、部活の定期会に私と娘を参加させていただきました。

初心者でも参加しやすいようにと

【松竹梅香】をしていただきました。

松・竹・梅の順番に香りをきいてから、

同じ3種類の香りをもう一度きいて、あてるというもの。

さまざまな所作や、墨をつかって、筆で書く。

和室の中がなんともいえない、緊張感。

結果は、【叶(全問正解)】とはなりませんでしたが、

20150309-1425812791450.jpg

顧問の先生にほめられて、上機嫌な娘でした。

そのあとは定番のレストランへ。

今回は、マイカーではなく、無料モニター制度を使って

大きな車でおめかしして、お出かけ。

20150309-1425813230797.jpg

帰宅後は、お友達も誘って、自宅でケーキをいただきました。

20150309-1425812806333.jpg

詰め込みすぎましたが、

休日をしっかり楽しみました。

ここからの10年も、よろしくね。:heart:

ガッツの幸せ日記??

■ガッツの呟き:**::**::**:

☆FaceBook
ふとしたきっかけでFBを始めることになりました。
やっぱ、文明の利器は、すごいです。
操作方法がまだ十分わかってませんが。
私にとってはドラえもんの「何でもドア」に匹敵しますね。:roll:

☆長男の受験
明日(3/10)が滋賀県立高校の入試日です!
私立入試が終わって1ケ月あまり、長い!
でも、明日で終わり。終わったら久々に親子でキャッチボールがしたいな
でも、やってくれるかなぁ:)

☆マッサージ
毎月1回マッサージに通っています。
先日も、いつも行くマッサージ店でいつもの方にやってもらいました。
マッサージ師さん曰く「松田さんとは格闘をしているようです」と、、。
とういのも、私の体はめちゃめちゃ固いので、
マッサージというよりはリハビリをしているという感じなんです。:)

☆昨今の中学入試
先日、この春に行われた中学入試分析会がありました。
関西ではここ数年、午後入試が増えてきました。
午前に入試を受け、その日の夕方から別の中学を受験するのです。
入試の解禁日から3日間で6中学受験できます。
現に3日間で6中学を受験した子もいます。
入試はまさに体力勝負です!:mrgreen:

■追伸
ここ数日の寒さのせいかカゼ気味なのでマスクをしました。
私はメガネをかけてるんですが、メガネがくもって・・・
冷静に、冷静に・・・

高校生になったら

 皆さん、こんにちは。 2児の父であり、公立高校で教員をしている教育コーチのいっすぅぃ〜です。 

 英語の教員なのですが、子どもたちは近くの評判の良い英会話塾に通っています:ase:
ま、パパは土日はクラブ指導でほとんど家に居ないし、教えてもらうにもねぇ〜、と昨年の秋から通い始めました。私としても、発音を後からどうこうとすることは難しいので、ネイティブ先生に教えていただくのがいいわさ、と後押ししました。

 それまで、学校の授業でも「英語」はありましたが、イマイチな感じでした:[]

 が、さっすがのネイティブ先生、ワイワイとやる中で、段々と楽しくなってきたのでしょう。 家でも、「パパ〜、英語の宿題をみてぇ」と言うようになりました。

 先日のことです。子どもたちが宿題や読書をしているので、傍で小テストの採点をしていました。時折、覗きこんでは、「この子、天才?!」「この子は残念やなぁ〜」とコメントをする娘。

 その時のことです。「私、高校生になったら、パパの学校に行こうかな。そしたら、パパに英語を教えてもらえるな〜」:heart:
 「るっこさぁ、そうしたら友だちに、あの人、るっこのお父さんやろぉ〜、って言われるで」と言うと
 「るっこはそれでもええの」:**:

 いやぁ〜、この時はうれしかった。 きゅ〜んってなりましたわ:oops:

メガネ

かぽねです

息子が3歳児検診で目の異常(屈折異常乱視)を指摘されました。
焦点が合わないまま成長すると、脳への伝達に問題が出るとかで
メガネの着用となりました。

なぜなのか、子どものメガネに対しては、自分の息子に限らず
「かわいそうに」という感情が出てきました。
普段の様子からは、不便そうなそぶりもないレベルなので、見えない事
への不憫さというよりも、「子どもは元気に外で遊ぶもの」という
ビリーフと見た目のギャップから来ているのかなと思っています。

でも、そんな時思い出すのが、パパ・ママコーチング講演会の「Iメッセージ」のところでご紹介している
耳殻のない子どもとお母さんのエピソード。耳殻のない息子に寝る前、毎晩母親が
「あなたの耳はへんちくりんだけど、世界で一番好きよ」と伝え続けることで
学校でいろいろ言われてもへこたれずに、明るい子どもに育っているというものです。

メガネをしても息子は息子。当り前の事です。元気で暮らせている事に
改めて感謝しながら、Iメッセージを届けていきます。