二人で教室に立つ 

こんにちは!
教育コーチのASUKAです。

今日は、個人のフェイスブックで掲載した記事をそのまま転載します:**:

大人になると景色が変わる
がんばってると、もっと景色が変わる
でも、ずっと見続けていたいといけない景色がある気がしてて。

人を育てることを仕事にしている人は特に。

*****************
2013年1月17日(金)投稿

初めて教壇に立たせてもらってから12年間ずっと考えてきた
(=のたうちまわってきた。根っからの生意気性と自己肯定感の低さが同居してたから!)。

・ 上から目線(指示・命令) 
・ 下から目線(迎合・不信) 
・ 同じ目線(その学生・生徒がどこに向かいたいか並んで見る&一緒に考える)

道のりを経て
教壇から降りて、学生の中に入っていくことにした。

目線が同じだから、本気で褒めて、本気で叱る
ケースバイケース、個別対応、できる。
学生からも学ばせてもらう。

それと、めっちゃ大事にしていることは
「できなかった過去の自分」をずっと忘れずに、い続ける。
どんなに上達しても、ベテランになっても、年くっても
「できなかった過去の自分」を隣に立たせて、二人で授業する。

だから、目には見えないけど
二人の飛鳥井郁枝が、教室に立っている。
へへ、こわいな!(゜ロ゜)

「なんで、こんなことがわからないの?」と
今の自分が1ミリでも感じたら
もうひとりの飛鳥井が、すかさず突っ込む。
「あんたもそうやった。たくさんの人に育ててもらったやろが」

だから、過去に、できが悪ければ悪いほど
おもろい人財育成者になれるかもしれんな!

、、、と自分に言い聞かせて、学生とともに、少しずつ前進する毎日。

2014年

教育コーチのASUKAです:mrgreen:

みなさま
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します!

今、ちょうど九州から東京に新幹線で戻ってきたところです。

ふるさとで、たくさんの愛と元気をチャージしてきました。

自分のミッションがより明確になりました。

ずっと不義理だった中学校の同窓会に初めて参加。
出席した30名の中で私以外、みんなパパ・ママに!!
たくさんのパパ・ママトークを聞きながらその愛情を感じました。

親ってすごい!
ただただ、同級生のあふれんばかりの愛を感じていました。

ASUKAはこれからどんな出会いがあるんだろう
そして、出会った人たちとどんなすてきなことを紡ぎだしていくんだろう

楽しみです:heart::heart::heart:

吉田松陰のキャリア教育!?

こんにちは(o^^o)
教育コーチのASUKA

私は現在、東京在住で「森ゼミ」という小さな小さな教育団体に属し
日本各地の大学で“キャリア教育”に取り組んでいます。

現在、群馬県の上毛新聞でコラムを連載(全3回)しています。
11月21日に第1回が紙面に掲載されましたので、共有致します。

「長所」をテーマに連載しています:heart:

私のキャリア教育のあり方には、教育コーチングが横たわっています。
コラムの中では、学生だけでなく保護者のみなさまに向けてもメッセージを発信しています。

下記に文面のみ転載しますね!

お時間あるときに、お読み頂ければ幸いです:hahaha:

  ASUKA

**************************
2013年11月21日(木)上毛新聞掲載

就活生のお子さまをお持ちの保護者の皆さまへ
【吉田松陰のキャリア教育!?】〜保護者が今すぐできる就活サポート〜

吉田松陰。江戸時代後期、幕末の人で、かの有名な「松下村塾(しょうかそんじゅく)」を開いた人物です。
この「松下村塾」は、「奇跡の学校」と呼ばれているそうです。たった1年と1ヶ月の指導で、
79名の門下生から2名の総理大臣と10数名の大臣を輩出しています。
驚くべきは、79名の門下生は、優秀な若者を集めたわけではないということ。
松下村塾は、長州(今の山口県)の萩という場所に作られました。
一度、私も訪れたことがあるのですが、決して都会とはいえない長州の片田舎で、
なぜあれだけの偉人が生まれたのか不思議で仕方ありませんでした(謎は、すぐに解けましたが・・)。
実際に松下村塾に集まった門下生には、武士の子も、農民の子も、商人の子もいたそうです。
当時では“かなり”珍しい女子の門下生もいたそうです。吉田松陰は一体、どんな教育を行っていたのか?
実は、松陰は「科目」を教えるだけでなく「至誠や志」を教えていたそうです。
いわば、「吉田松陰版キャリア教育」を実践していたのです。
松陰は「あなたは何のために生まれてきたのか」「あなたの生まれてきた役割は何か」と門下生に問うたのです。
これは、究極の「自己分析」ですね。
さらに、松陰は、「あなたの長所はこんなところだ。それをどう世の中に役立てたらよいだろう?」と問いを続けたとのこと。
「指導」ではなく、長所に気づかせ、門下生一人ひとりに考えさせました。

生まれた目的や役割までは、すぐには見いだせないかもしれませんが、「長所」であればすぐに伝えることができます。
私も、大学や短大で就職講座の中では、必ず学生の長所を伝えるようにしています。
また、学生同士で長所を伝え合うワークも行っています。ぜひ、保護者の皆様も、お子さまに長所を伝えてあげてください。
幼いころからお子さまの成長を見守ってきた保護者の皆様だからこそ伝えられることがあります。
とはいうものの・・・どうしても短所ばかりに目が行きがちです。
ただ、就職活動ではいかに「前向き」な気持ちになれるか、いかに自分に「自信」が持てるかが鍵となってきます。
多くの学生が、自分に自信が持てず、後ろ向きな思考になって、就職活動に力が入らなくなります。
悪化すると内側に閉じこもり、自宅から出なくなるというケースもあります。そんな場面に幾度となく直面してきました。
ぜひ「長所」を保護者の皆様から伝えてください。長所をストレートに伝えることに抵抗感がある場合は、こんな方法をおすすめします。
簡単な方法です。「そういえば、あなたは○○なとこもあるけど○○なとこもあるね」、と短所を先に伝え、長所をあとに付け加えるのです。
こうすれば、伝える方も受け取る側も、抵抗がありません。ぜひ、お試しください!
保護者の皆様の言葉は、お子様の心にずっと留まり、就職活動だけでなくその後の人生の節目節目で、支えになります。 

以上です:**:
第2回、第3回のコラムもこのブログでご紹介いたしますね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました:heart::heart::heart:

満月とジェットスター

教育コーチのASUKAです。

今日は、十五夜。
満月まんまるお月さん!

ふと目を覚まし、つっかけ履いて、月光浴(ただのお散歩)に行ってきました。
そして、今、コンビニでポテトチップスを買って帰宅。

デスクトップパソコンに向かって、この文章を書いています。

手が汚れるから、このブログを書き終えたら、ポテトチップスを食べます。

それからそれから、今夜は、
10月20日の教育コーチングフェスティバルのWEB申し込みを済ませ
日帰りのジェットスターを予約。
関西−成田往復。

ついでに、月−地球の往復チケットもと思ったけど
それは、なかったです。

今、できることから少しずつ、丁寧に生活や仕事をすることを
心がけてます。

変えられないものはたくさんあるけど
心の状態は、自分で作れるんだなと実感!

生活では、お味噌汁を創り、和え物や煮込みを丁寧に創ったり。
今度、土鍋でごはんを炊いてみる。

仕事では、今依頼の来ている仕事を精一杯取り組む。
そして、ちょっとだけ、次の一手のための準備を始める。

そして、家族と電話し
好きな人を想い
未来を妄想して
すやすや眠る。。。と。

決して、ASUKA@飛鳥井郁枝は、ものすごいエネルギーを放出しているわけではないけど
今は、ジェットスターに乗って、行きたい惑星に行くための
燃料を蓄えているところです。

ランニング
再開します:!!:

50年カレンダー

教育コーチのASUKAです。

50年カレンダーというものを、手に入れました。
2013年から50年
・・つまり、2063年までの月日が大きな一枚の紙に印刷されています。

50年後、私は、82歳。
生きているかもしれないし、死んでいるかもしれない。

スターバックスで、50年カレンダーを見ながら
父や母が、必ず、このカレンダーのどこかの日付に
亡くなるということを、自覚しました。

たった1枚のカレンダー。
おりたためば、A4サイズになってしまう、ただのカレンダー。
かばんの中にすっぽり入る。

ただのカレンダーの中に
まだ、未知の未来が入っていることに
切なくなったり、わくわくしたりしました。

1枚の紙切れにおさまってしまう
自分の残りの人生を思うと
過去や、未知を恐れている今がもったいなくてショウガナイ気持ちになりました。

恋をしたい、そんな気持ちににもなりました:heart:

贈り物

教育コーチのASUKAです。

私の教育コーチ、そして教壇に立つ講師としてのあり方の源泉には
父との関係があります。

つい先日、6月26日に32歳の誕生日を迎えました。

6年前、大学院生のときに、教育コーチングと出会いました。
それから、もう6年も経ったんだなあ!

教育コーチング、そして教育コーチ・トレーナーとの出会いにより
私はもう一度、この世に誕生しました。

この6年間で、いったいどんなことが私の中で起こり今に至るのか、
そのことについて、このブログでこれから書いていこうと決めた
32歳の誕生日でした。

何カ月かかるか、何年かかるか、わからないけど
少しずつ、書いていきます。

きっかけは
先日の誕生日の父の一言でした。

「殺されてもいい覚悟で、育ててきた。書いてもいいだぞ。起こったことをありのまま。むしろ、そうすべきじゃないのか。」

父は、一体どんな気持ちで、このことを私に伝えたんだろう。

私の使命のひとつは、教育コーチングと教育コーチ・トレーナーとの出会いにより
自分に起こった数々の変化を伝えること。
そう、思っています。

誰かへの贈り物になるかもしれない。

贈り物は、もらうこともそうだけど
贈る方が実は、もっと幸せだということに気付いた
32歳の誕生日でした。

贈る人。
GIFTERになる:**:

不調

こんにちは(^-^)
教育コーチのAsukaです。

この一ヶ月、調子があんまりよくないです。

そんな中
今夜は、後輩に誘われ
埼玉スタジアムにワールドカップ予選
日本代表×オーストラリア戦を
観に行きました。

夢中に応援とヤジを飛ばす後輩
最後まで諦めなかった日本代表チーム

なんだかo(^o^)o
元気もらいました。

なみさんのブログから、、お借りして、、

それでよし。
そんな自分を許します。

今月末は、
ふるさと宮崎にほんの少し帰省します(^-^)

みんな 何かの マイノリティー

こないだの日曜日
TOKYO RAINBOW PRIDE 2013
プライドパレードに参加しました:heart::heart::heart:
(通称 ゲイパレード)@渋谷 原宿 

☆プライドパレードはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)をはじめとするセクシュアルマイノリティーの存在をアピールし、その文化を祝うお祭りのこと。
セクシュアリティーに関わらず、イベント趣旨に賛同する方は誰でも参加できる。

いろんな人権があるね。

みんな、何かの、マイノリティ。

みんな違って
みんないい。

塾講師をしていた時、
トランスジェンダーの生徒を担当しました。
体は女子
心は男子

とても仲間想いで
感性するどく
作文のうまい子でした。

私は光の戦士『ブルー忍者』
だ!!!!ぜ!!!

子どもたちや、学生のすばらしいところに
光を当てるんだぜ!

にんにん!!

乙武さんと同じチームで行進。
乙武さん、ずっと笑顔なんだ。
いつ、振り返っても。
20130504-NCM_0642.JPG

朝!

教育コーチのASUKAです!

ただいま、朝の5時11分なう。

今日は、これから大阪で開かれるトレーナー総会に行きます〜
お仕事やら、準備やら、していたら、この時間に・・・:ase:

本当はね。昨日がブログのお当番の日だったんだけどね。。:oops:
気付いたら、日付またいでました:[]

* * * * *

朝。

こんな朝早くに、文章書くのは久しぶり。

今日は、少し冷えるので暖房が入ってる。
くつしたはくのが、めんどうくさくて、足がジンジンしている。
雀がちゅんちゅん、鳴いている。
だんだん、外が明るくなってきている。
おなかが鳴ってる。
トイレに行きたい。
・・
・・

おー、いつもと、違うから
気づくことが、たくさんあるよ!

おっと、もう、そろそろ、着替えていかなくっちゃ:!!::!!::!!:

文学少年少女とIT

こんにちは!
教育コーチのASUKAです。

昨日、寝る前に、ヨガのDVDを観ながら
ふと、気づいたことがありました。

それは、
IT企業の社長さんや、経営者、起業家の方、各界のリーダー・・・

けっこうな割合で
文学部出身だったり
かつての(そして今も)文学青年(少年?)
だったりするのです。

あの
ほりえもんも、東大の文学部(工学部や情報系でない)

今、私が一緒にお仕事しているソフトバンクヒューマンキャピタルのトップも文学部

認定トレーナーの方々の中にも
かなりの割合で
読書家、文学部出身の方、活字中毒者
多いような気がする:!!:

ふむふむ・・・・〜〜
どれくらいの相関あるかわかんないけど
あすかの肌感覚では
哲学的だったり
思索的だったり
そんな要素があるひとは
話してて、小難しいときもあるけど
はっきりいって、とっても、奥深くて面白く感じます。

本から得た思想とかアイデアとか哲学とか知識が
行動とかあり方に体現しているひとに出会うと
すぐに見透かされてしまう気がして
それは、それで、気持ちよく、

教えてください!!ってなります。

年下でも年上でも。
国籍ちがっても。

私は、ITスキルや最新情報に疎いけど
その基本的スキルを使って
情報を発信することが好き。
言葉が好き。
日本語が好き。

身体とアタマがかけ離れてるなって思うときは
外にでかけて、カラダ、動かす。
ヨガとかマラソンとかお散歩とかね:heart:

ヨガ@代々木公園 青少年オリンピックセンターの近く
20130404-I7D_1195_2.jpg