2018年、スタートですね。

皆さま

(遅れながら、明けましておめでとうございます。)

こんにちは。

そら@内藤です。

 

南アルプスから昇る太陽です。

1月1日、7:28 撮影です。

力強い初日の出、ありがたいことです。

DSC02731

で、この写真を撮っている時気がついたのですが、

雲の切れ間からスポットライトがある地区にだけ当たっているのです。

DSC02739-2

 

思い出したのは、吉野さんのこの詩です。

虹と初日の違いはありますが、

今、あることの幸せをしっかり感じていたいと思います。

皆さまにとって、良い年でありますように。

 

「虹の足」/吉野 弘

雨があがって
雲間から
乾麺みたいに真直な
陽射しがたくさん地上に刺さり
行手に榛名山が見えたころ
山路を登るバスの中で見たのだ、虹の足を。
眼下にひろがる田圃の上に
虹がそっと足を下ろしたのを!
野面にすらりと足を置いて
虹のアーチが軽やかに
すっくと空に立ったのを!
その虹の足の底に
小さな村といくつかの家が
すっぽり抱かれて染められていたのだ。
それなのに
家から飛び出して虹の足にさわろうとする人影は見えない。
―――おーい、君の家が虹の中にあるぞオ
乗客たちは頬を火照らせ
野面に立った虹の足に見とれた。
多分、あれはバスの中の僕らには見えて
村の人々には見えないのだ。
そんなこともあるのだろう
他人には見えて
自分には見えない幸福の中で
格別驚きもせず
幸福に生きていることが――。

 

 

パパ・ママコーチ表紙の写真

コーチネーム「そら」の内藤睦夫です。

パパ・ママコーチ30号の表紙は真っ赤な紅葉ですが、

27号は、まだ色づくまえの青い葉っぱです。

色づいた葉っぱをバックにした緑の葉も秋らしいと思います。

 

写真は、1年前に撮ったものが使われます。

来年、どの写真が使われるのかなぁと思いながら撮影します。
PM27

 

 

 

 

 

 

暴言・体罰のない長野県の部活動を目指して

 「何のために部活動指導をしていますか」を一緒に考えることが、私のテーマでした。

 結果を出すため、努力することを学ぶため、感謝する心を育てるため、仲間の素晴らしさを体感するため、限界を超える自分を発見するため・・・。

 これら全てが価値のある「何のため」だと思います。

DSC05680 トリミング しかし、部活動をキャリア教育の視点からとらえると、「自立した人間」を育むことが目的になります。

 長野県の教育がめざす人間像は「知・徳・体が調和し、社会的に自立した人間」です。

 自立を育むためには、「本来子どもは限りない可能性を秘めており、常に学びたいという欲求をもつ存在であるという子ども観」を揺るがずに持つことが大切です。

この子ども観を腹に据えれば、「強要したり、脅したり、褒美でつったり、暴言で従わせたりする」指導はありえません。

 教育コーチングは、「人は育とうとする生き物」「人は自分の中に答えを持っている」「人はそれぞれ」を信念として、「傾聴」「質問」「承認」で関わることを勧めています。

 長野県の部活動をリードする先生方と学び合えた時間は、とても熱く、力強く、楽しく、頼もしいものでした。

 県スポーツ課指導主事のK先生、Y先生ありがとうございました。

アクティブラーニング実践フォーラム 2017

 みなさん

こんにちは。

そら@内藤です。

11月4日・5日と京都大学を会場にして、

アクティブラーニング実践フォーラムが開催されました。

私は、2日目の第4分科会で、

「教師の主体的な研修が子どもたちの主体的な学習を創り出す」

という内容で、赤穂中学校の実践をお伝えしました。

「主体的、対話的な学び」を創り出すために一番大事なことは、

私たち教師が「主体的、対話的に学び続けること」だと思います。

誰かに言われたから、やらなきゃいけないから・・・という

アクティブラーニングでは未来は開きません。

熱い思いを持ち、自ら実践している先生方と出会えたことに

感謝しています。

H29 ALフォーラム

青いアサガオ

そら@内藤です。

みなさんのところは
まだ夏休みの最中ですか?

長野県は夏休みが短いのですが、
本校ではすでに
8月22日(月)から2学期が始まっています。

えっ!!!
まだ、3日もある??

いい夏休みにしてくださいね。

青いアサガオです。

日陰に咲いたアサガオの
トランペットの吹き口の方にだけ
光が当たると
内側がこんなに輝いて見えます。

これからしばらく
信州には、青いアサガオが美しく咲きます。

20160828-aokasagao.jpg

パパママコーチング研修会やりました。

そら@内藤です。

  ご縁をいただいて、
  駒ヶ根高原レディスクリニックで、
  「パパママコーチになろう」研修会を行いました。

  「最高に幸せな親子の関係づくり」
     ー   パパママコーチになろう ー

   こちらのレディスクリニックさん。
   とってもおしゃれなクリニックです。

   そして、考え取り組まれていることがすごい!
    「パパママ子育て広場」という
    産前産後のお父さんやお母さんのケアも
    しっかりやられています。

    少子化の時代
    出産だけでなく
    お母さんやお父さんのサポート
    子どもの教育、地域の子育て支援
    幅広く、先進的に取り組まれています。

    私もしっかり関わらせていただきます。

   20160605-pmtirasi.jpg

    こちらにクリニックの紹介があります。 ご覧ください。 
http://www.kklc.jp/blog/2016/06/04/第1回パパママコーチング/
  

次の10年に向けて

⚪️おめでとうございます。

     そら@内藤です。

     (すでに3日ですが・・。)

     昨年の10周年は通過点です。

     今年は、次の10年間を作り出すために
     何をするのか、考え行動する時ですね。

     今年の初日の出は、伊那スキーリゾートからです。

     みなさんにとって、素晴らしい年になりますように。

         20160103-H27hatsuhi.jpg