日本教育心理学会

みなさん、こんにちは。 教育コーチのいっすぅぃ~です。

標題にあるように、『日本教育心理学会』です。この連休。
場所は、数年前「日本教育コーチング大賞」を開催した、由緒ある「名古屋国際会議場」です。

私はポスター発表で発表もします。

おそらくは、皆さんにもご協力いただいたであろう「ビリーフ」について、です。

『教える立場にある人の「ビリーフ」比較-コーチングの影響をめぐって-』
psychology
素晴らしいエビデンスを示すことができました。

これだと、見えにくいでしょ?!

発表は10月9日(月)14時からです。 ぜひ、応援に来て下さい :mrgreen:

Honesty is my policy! いっすぅぃ~でした。

 

アクティブラーニングに必要なもの

皆さま、こんばんは。公立高校現職教員であり、大学院生、教育コーチのいっすぅぃ~です。

昨日は、大阪に出かけて来ました。

『アクティブラーニング型授業 高校と大学による事例報告会』に参加してきました。
930AL
関西大学の森朋子先生が仕切っているということもあり、「反転授業」や「内化と外化の往還」ということがキーワードになっていました。

その中でも、特に驚いたというか、やっとここに戻ってきたな、と感じたことがありました。きっと、教育コーチングのすすめるアクティブラーニング型授業のことをご存知の皆さんは、当たり前だよな、と察しられると思います。

が、それが、今、アクティブラーニング型の授業をするうえで問題になっていること、と紹介されていました。

それは、
授業における安心・安全な場つくり、
生徒が自分の意志で思い思いに動き出してくるからこその授業者としての綱とり、
だというのです。
例えば、溝上先生のお話しの内容からであれば、
溝上慎一先生のホームページ 2017年9月30日にある「✓当日の溝上の総括講演資料はこちら」から見てみてください。スライドNo.23-27がそのことについてのものでした。

他にも、[予習の仕方]が[深い学習アプローチ]に繋がること、
[AL外化]と[気づき]や[内化]は分けられない、
ということに、ますます研究の楽しみを感じ、触手が刺激されました。

まだまだ深く掘り下げていくことがある。わくわくしています。

Honesty is my policy!  いっすぅぃ~でした。

未来はどっちに?

皆さま,こんにちは。 教育コーチのいっすぅぃ~です。
ご無沙汰をしていました。 このページが新しくなってから初めての投稿です。

8月,多くの人たちと再会することができました。わくわくの3日間。
2泊3日での東京出張があったおかげです 😎
1日目は,卒業生と会い私が大学生の時によく行っていた喫茶店へ。その卒業生の現在の活躍ぶりをいろいろと聴けました。
そしてその後,大学サークルの友人たちと懐かしい居酒屋へ。昔は貼られていた【薄利多売】と書かれた紙はありませんでしたが,集まった輩はなぜか【ロックTシャツ】でキメている。居酒屋でなく,酒を持ってスタジオの方が良かったって :roll:
2日目は,大学の学部の友人と。2人でスペアリブのお店へ。ビール&ワインとともに美味しく,楽しい時間を過ごしました。
3日目は,大学寮の先輩や後輩たちと。その中には4半世紀ぶりに再会,という先輩もいました。この時は,ほんとに「支えられて生きている」って身体の芯から感じました。

が,SNSの時代,どこへ行っても[隔たり]を感じることがありませんね。だいたいこんなことをやっているを知っていて,おそらく昔はその[隔たり]を取り除くところから始めなければいけなかったんだろうな,と感じていました。

と同時に,[時間の感じ方]を面白く感じていました。時間の積み重ねがあり自分自身がいるという感覚です。「地球上の多くの人たちは過去を自身の後ろに感じ,未来を前方に感じ,未来に向かって進んで行く。だけれども,ある国の文化では,未来を自身の前方向に感じるのではなく後ろに感じ,過去を受け止めながら後方へ進んで行く」という入試出題英文から得た情報を密かに楽しんでいたのでした。
というわけで,この場所とこの方から受け取っているものもあろうか,ということで,最後にこの写真を。

museun syouyou

Honesty is my policy!
いっすぅぃ~でした。

 

紡ぐ、とは地味で根気の要ること

 三重県在住の教育コーチ、いっすぅぃ〜です。先週の木曜日、われらがメンター鈴木建生先生とザ・コーチみねGの3人でサクッと飲みに行きました。

 実は、みねGや私が鈴木先生のことをメンターと呼ぶには因縁があります8-) もともと鈴木先生が「教育コーチング」を三重県の教育へとご尽力いただき、その機会が基になり、こうやって教育コーチになっているのです。
 
 その後、そのとき集まった仲間で創ったのが『みえコミュニケーション教育実践会(みえコミ)』:heart:  
その学びの輪は、教育コーチングはもちろんのこと、「ソルーション・フォーカスト・アプローチ(解決志向短期療法)」「保育園交流学習」「プレイバック・シアター」「アクション・ラーニング」「全脳思考」「アドラー心理学」「TRUE COLORS」と多岐に渡りました。 スキーに行ったり、駅伝をしたりもしました:mrgreen:

 当然、そんな“同志”として共有する核を持っているからこその場になります。 そんな3人での会話を客観的に見ると、なんだか凄いことになっていて、これまでの長く共有した時のあり難さを感じ、出会いに感謝し、ほくそ笑んでいる私がいました:**:

 さて、みえコミの組織そのものは昨年で解体をしました。残念ながら:cry: 
でも、またどこかで集まる時が来るだろうと考え、また、三重県に「教育コーチング」を根付かせることを目論み、まだまだ学習会を続けています。 月1回の『四日市コーチング学習会』:!!: 
ずっと、ずっと、紡いで行きたい、私はそんなふうに考えています。
 これは、もともとみねGが始めたもの。 それを私が引き継ぎ、主催しています。 
そしてその学習会が100回を迎えます。 6月20日の火曜日18時30分-。

 ぜひ、心だけでもご参加ください:wink:

 Honesty is my Policy! いっすぅぃ〜でした。

変更の視点

皆さま、こんにちは。 半分大学院生、教育コーチのいっすぅぃ〜です。

 なぜ、「半分大学院生」か:roll:

 今年度は、週の半分(2.5日)は勤務校にて授業・勤務、週の半分は大学院にて学びと研究の日々を送るからです。

そんな、新生活に入って、1ヶ月が経ちました。 このゴールデンウィーク(NHKが言うところの大型連休)が終わって、新生活のリズムを少し離れての日々があったお陰か、自分の立ち位置が少ししっくりきているような次第です。 皆さまは、いかがお過ごしですか:heart:

 さて、世の中もちょっとずつ、新年度ということで変わってきているようです。

4月頭に、バスの時刻表が変わっていることに気づきました。
 変更の視点に、電光掲示板、分かりやすく、というだけでなく、「多くの人に」が入っているようです。
 ひらがな、英語、漢字、ハングル文字。
20170510-bus1.png 20170510-bus2.png
 
昨年だったか、近鉄特急では、日本語と英語だけでなく、中国語と韓国語の放送も入っていることに気づいたことを思い出しました。

そして、今日。 近鉄急行が、日本語だけでなく英語でも:-o 近いうちに、中国語と韓国語での放送も入るのかなぁ:!!:

 様々な人が様々な人のことを思って、変えていくんだなぁ〜、とちょっと幸せになったのでした:**:

皆さまも、幸せな日々をお過ごしください:heart:

Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。

あの曲がり角のところで

皆さま、こんにちは。清志郎大好き教育コーチのいっすぅぃ〜です。

 先週の金曜&土曜と、ある研究会に参加したくて東京へ行っていたのですが、その主目的のついでに、と沢山の友人と会うことができました:heart: 
まさに、♪BABY BABY お前に会いたい♪って感じで:!!:

 そんなときは余計に、今の自分自身があるのは、この繋がり、友人たちのお陰だな、と強く感じるのです。 そして同時に思い出されるのが、文学部キャンパス建物に入り階段を上がったところ。

 三重大学の中に探してみると、あるんですね。 ここは通路の奥。その角。 私の大学のときのものは、階段を上がった曲がり角のところ。 
 20170313-corner.jpg ← 三重大学のある曲がり角

 ソファーがあり掲示板があったのですが、いつの頃からか、掲示板にはノートが一冊ぶら下げられるようになり、授業の合間の場所。 待ち合わせの場所。 誰かがいるだろうと期待する場所:**:

あの場所に戻らなくとも、原点を見つめられる光景が自分の中にはある。 

 あなたの「原点の風景」はどんな風景ですか?

 Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。

初めてのポスター作製

皆さん、こんにちは。 三重大学大学院生、教育コーチのいっすぅぃ〜です。

大学院生をしていると、いろんなことがあるものです。 そんな機会をいただけることが、ほんと嬉しい。 たっくさんの学びに溢れています。

昨日は、三重大学主催の『アカデミック・フェアー』:!!:
三重大学の学部生、大学院生、教授、そして外からも。 今やっている研究を発表しましょう。 総合大学という利点を生かして、まったく知らない分野のお話も聴いてみましょうよ、って会でした。
ということで、私も、これまでの研究をポスターの形にして発表:**:

初めての経験でした。 <ワードで作成する>ってところから知らなかった8-)
いろいろと分からないことを仲間に相談して、出来上がりました。
自分で言うのもなんですが、なかなかの出来映え:**::**::**:

20170214-academic fair.jpg

でも、心配しないでください。 <所属と名前>を入れるのを忘れましたから:wink:

ポスターを沢山の方々興味深げに見ていただけ、質問を受けました。45分なんてあっという間。
「コーチングって?」という方には、その場でミニ・セッション。 その方のご友人からは「おぉ〜」:-o 
百聞は一見に如かず。 
これ、ええ感じ、でした。

で、現在進行中の研究は『教える立場にいる方のビリーフ比較』
教える立場にいる方(教師、塾、セミナー講師、個人、グループ、団体、校種、問いません)で
ご協力いただける方、次のネコをクリックしてください。 アンケートに繋がります。 :chin:
よろしくお願いします。

Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。

それぞれに

 皆さま、こんにちは。 ここ数日雪国になっている四日市、に在住している教育コーチのいっすぅぃ〜です。

今年は、年末には雪が降らずにどうしたのかな、と思っていましたが、ここ数日の寒波で、雪が必要なところに必要なだけの雪は届きましたね。 反面、必要でもないところにお住まいの方、被害はないでしょうか?

 さて、今年に入り、子どもの成長が見えるシーンが幾つもありました。 今日はその中から、雪にまつわるものを幾つか上げましょう。

 まずは、娘から。
スキー場での彼女の成長には、びっくりしました。 実は、スキーは2日目です。 前回は昨年。といっても、吹雪いたこともあり、数時間で切り上げました。 で、今年のスキーが2回目、生涯で2日目です。
もともと気が強くて負けず嫌い、「お兄ちゃんには負けるものか」という性分。 前回、スクールに入っていないこともあって、「今回はスクールに入ってみるか?きっとパパよりも教えるのが上手だぞ」なんて提案してみたのですが、入らない、とのこと。 スキー場に着くまでは、彼女は「そりがいいなぁ〜」なんて言っていたのです。
 で、最後には。 「1人でリフトに乗れるか乗ってみる、後ろに行っといて」:!!: なんだか、スイスイと行けたではありませんか。 次に乗るとき、「どうする」と訊いてみると「1人で乗る」。 さぁ、今日は帰るか、というときは「1人で行って滑って降りてくるから、ビデオを撮っといて」。
 1人でどんどんやって行きます。 その旅行から帰ってきてから、朝に弱く、起こしても起きなかった彼女から「6:30に優しく、6:30だよぉってちょっとだけ起こして。完全に起きるまで起こさなくていいから」というお願い。 ますます可愛くなっていく娘です。
 その旅行2日目「高山にて」 20170125-snow lying.jpg

 次に、息子。中学2年。
先週の四日市は、本当にスゴイ雪でした。 22年前には、四日市の商店街アーケードが雪の重みで壊れる、ということがあったのですが、それ以来の、というかそれ以上の雪でした。 おじいちゃんが雪掻きをしていることを知って、私も5時起きでやりますというと、「僕も一緒にやる」と。 5時に起きれるの?と思っていましたが、きちんと起きて、まずは朝の雪掻き。 彼にとっては朗報か、その日は彼の学校は休みになりました。
で、その日に帰宅したときのことです。 家の周り&家の面した通りがずっと、雪の少ない状態に気づきました。 おじいちゃん曰く「今日は頑張ってくれたんやわ。ぜ〜んぶやってくれた」と。 その時です。 誇らしげな息子の笑顔を見ることができました:heart:
               朝5時の自宅、雪 20170125-snowaroundthehouse.jpg

 みんな、それぞれに大きく育っている、そんな実感のある生活を送っていることに、幸せとありがたみを感じます:**::**::**:
 
 Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。

今年もよろしくお願いします

 皆さま、おはようございます。 新年、明けましておめでとうごいます。
中2の息子と小5の娘を持つパパ、教育コーチのいっすぅぃ〜です。
どうぞ、本年もよろしくお願いします。

 昨年は、あれも発信したい/これも発信したい、と思いながら、このブログで発信するに至らないことが多々ありました。今年は、もっと頻繁にこの場に登場してしたいと思っています。

 さて、新年早々、<親バカ>を一発8-)

 昨年末12月27日(火)に、幼稚園の先生方を対象にセミナーをする機会をいただきました。 で、その際に、『おこだでませんように』という絵本をご存知ですか?というお話しをしたのです。 その絵本は、怒られてばっかりいる小学校1年生の男の子のお話しです。 「承認」の意味や「愛情/信頼/尊重」のあり方に触れるとてもいい絵本です。
 そんな話しをしている私が、実は、我が家の娘のこのような行動を知らなかったのです。

 我が家には、子達の作品や学校からの案内が、いろんなところに掲示してあります。 妻がこれはと思うものを貼っておいてくれたりするわけです。 で、27日になって見つけたのが次のものです。

20170103-ruriko.jpg 20170103-ruriksannta.PNG

 ピアノの発表会は、25日にありました。 家族がどたばたとしていたからでしょう。 
 パパは知らなかったわ:wink:

 愛おしい娘です:heart:

 皆さんも、皆さんの大切な人々とたくさんの愛情を育める年になりますように:**:

 Honesty is my policy! いっすぅぃ〜でした。

仲間の活躍

 皆さま、おはようございます。 大学院生教育コーチのいっすぃ〜です。 この時期、様々な「学会」が催されていますね。
周りから聞いてみると、<秋の・・・>なのか、この時期と8月前後が多いようです。

 私の学ぶ三重大学でも、次の土曜日と日曜日に学会が開催されます。 なんと学園祭と重なっているという日程ですが、よそから起こしになった方々は、ちょっとびっくりなさるんではないでしょうか:roll:
その学会は『日本協同教育学会 第13回大会』というもの。 アクティブラーニング型の授業では、協同学習の手法や理念はたくさん取り入れられることもあり、今年はなんだか参加者が多いようです。
お世話になっている教育心理の先生が主担当で、同期の友人や元同僚、同じ授業を受けているM1の友人も発表するようです。 楽しみにしています。

 同期や元同僚、M1の友人、が発表。 なんだかワクワクしますし、力をもらいますね。 先日の『フォーラム』を思い出します。 人と人って、いろんな形で力を与え合っているのだなって気づきます:-o
さて、私も英文と対話しよう〜っと:!!:

 最後に、大学内のお気に入りの場所を。 どうぞ、お越しになった際には見つけてくださいな:heart:
20161101-ojisann.jpg 20161101-kyuudaigaku.jpg

 Honesty is my policy. いっすぅぃ〜でした。